息子の専門学校生活も1年目が終わりつつあります。
最初は果たして通い続けることができるのかと心配しましたが、なんとかやっています。
単位を2つ落としているのは、息子らしいというか・・・

息子の学校では、1年生の間に3回の実習があります
1回目は少人数のアットホームな感じの施設だったようです。
お昼ご飯も、利用者さんと一緒に(←お弁当がいらずに楽でした
1週間(5日間)という短い期間でしたが、実習記録との戦いだったようです。
朝起きて、『書いてない・・・どうしよう
なんて場面もありました。
そして、1日中体を緊張させて過ごす初めての経験だったようです。

2回目の実習は規模の大きな施設で2週間。
この時は、実習記録にも少しなれて、なんとかこなしたようです。

そして3回目の今。
3週間の実習期間です。
今回は近隣の施設というわけにもいかず、1時間半ほどかかります。
そして、最寄り駅から徒歩30分!
確実にいつもより30分は早く家をでないとまにあいません。
実習1週間目は、立ちっぱなしで足が痛い・しんどい・・・
普段、どれだけ楽な生活をしているかということですね

作文が大の苦手な息子ですが、実習が終わってすぐにメモに下書きをするという技を覚えたようです
そして、それを見ながら家でパソコンに入力
字のフォントを10.5→12にしたら、字数が少なくていいことに気づいたと
指導される方も、汚い字を読むより入力した字の方が助かりますよね。

今の実習先は、結構遠いので、朝7時過ぎに出て帰宅は19時近く。
ヘロヘロになって帰ってきます
途中でおやつを食べることもできず(余裕もお金もない)、
片道30分の徒歩があり
ダイエット効果抜群のようです

息子「お母さん、見て〜。なんかへっこんだで
そう、メタボ体型の息子のお腹が目に見えて引っ込んできたようです。
楽な生活では得られない効果ですね。

今回の実習は、早出・遅出・泊まりまであるというフルコース。
早出の時は、朝6時前の電車にのっていきました。
朝食・昼食はコンビニで調達でした。
朝寝坊するかなと予想していたのですが、
自分で起きて
自分で用意して
家をあとにしました

あの朝が苦手な息子が・・・と思うと、それだけでとても嬉しかったです。
次は泊まり実習があります。仕事の厳しさが見えるかもしれませんね







にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
この間、ちょっと体調を壊した日があり、息子にお粥を作ってと頼むと、快くOKしてくれ
初めて息子が作ってくれたお粥をありがたくいただきました




スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None