朝、子どもが「行かない」といったらどうしますか?
前回の記事(朝「行かない」と言ったら)でわが家の場合を書きました。
でも、朝の対応は各家庭によって様々。
支援を受けている場合・自力で復学している場合、その違いによっても対応は変わってきます。
そこで、不登校を経験した方に聞いてみました。




りりせさん(支援を受けた中学生男子のお母さん)

つい先日、私の朝の声かけによって次男に「もう一生行かない。」と言わせてしまいました。
その後は行っていますが。
その日は、何も手につかないくらい、落ち込んでしまいました。
勿論、それで本当に行かないのでは?と思ってしまう私の思考自体が問題なのですが…。
まだまだな自分(対応、姿勢)に焦りや失望感 でいっぱいになってしまいました。
やっぱりまだ子供を管理しようとしている、と教えていただきました。
朝に限らずですが、先回りしない・決めつけない・しっかり聞く・提案をしない。
基本中の基本ですがつくづくそう感じました。


ハルさん(自力で復学された小学生女子のお母さん)

復学して1年半たちましたが、つい最近までは明日は大丈夫か?という気持ちが常につきまとっていました。
前日夜に怪しい雰囲気を感じるだけで眠れない日もありました。
様子を伺うように、腫れものに触るようにしていたという表現がぴったりだったと思います。

行きたくないと言われたら、共感したり、パッシブしたり…。でもどれもしっくりしない。登校しても、休んでも。
こうなると登校すればいいのか?という所にぶつかりました。

そこでわかったのは、「ネガティブな娘には向き合おうとしない自分」がいるって事でした。
子どもだって1人の人格を持つ人間。なのに私の思う通りに動かない娘を見て不安になる。
それ自体無理があるんじゃないか、違和感はそこじやないかな?って。

向き合うこと。
見たくない部分も受け止める。
ネガティブな話や不器用な行動や思考。
分からないからこうなるんだけど、経験しないと身にはつかないんだなとやっとわかってきました。

向き合うこと、ただ話を聴くことで見えてなかった部分も沢山見えてきました。
今は行きたくないと言われたら、アクティブに聴くかな。
娘の気持ちも随分理解出来てきたから、それでも休むと言ったら休ませると思います。



なつみさん(支援を受けた中学生男子のお母さん)

不登校渦中は、行かせ様感バリバリで、先回り過干渉、鞄もすべて親が用意して、さあ着替えてランドセル背負えば行けるよ!みたいな。
叱ったり怒ったりなだめすかしたり泣き落とし、どれもこれもすべてだめでした。

復学直後は、支援を受けていますから、時間の声かけのみ。
行かなければ、悲しい顔でパッシブ対応。
本人が考えれば、翌日は行く。
行かないのが続けばコーチング。

落ち着いてきたと思われる最近でも、あまりの寝不足のせいでなかなか起きられず、こちらの声に焦り急かし口調が出るとすぐに伝わってしまい、不穏な空気に。

本人がかなりギリギリな時間になってやっと気がつき
「は?なんでこんな時間なの!」「うるさい」「起きないから」等と布団をかぶることが何回かありました。
もしかしたらとうとう休みか、と思いながらも、離れていたら、起きてきて、慌てて準備して行ったり。
あのままこちらが説得にはいったりしていたら、反発してほんとに休んだだろうなあ、と思います。

もし休んだり遅刻した時は、夕食の後に、話したりします。
起こす時間で、もめたときは、夜の間に再確認しあいます。
うちの場合は、朝、話を聞かないほうがいいので、離れることが多いです。





いかがだったでしょうか。
登校が不安定なお子さんの場合は、親の一言で状況が変わります。
我が家も、いつまでも動かない息子に、イライラして悪循環になったものです。
そんな経験から、5分・10分と時間を決めて、その時間の間は子どものことだけに対応する
こう思うと、落ち着いて対応しやすかったです。

皆さんのご家庭はいかがでしょうか







にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります




スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None