mixiのオフ会に参加しました。

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

mixiのオフ会に参加しました。

  •  投稿日:2014-06-30
  •  カテゴリ:mixi
先週になりますが、mixiのコミュニティ(不登校〜復学を目指す親の会)のオフ会をしました
mixiって?と言う方は、こちらの記事を⇒ mixi

mixiは、ネット上のコミュニティなので、相手の顔も名前も知りません。
それでも、日本中の地域の方とつながれるのがネットのいいところですね。

関西でのオフ会には14名が参加くださいました。
地域も大阪・和歌山・兵庫・奈良・京都・滋賀・高知・愛媛・兵庫と広い地域に渡っていました。

初めて参加される方も何人かいて、最初の勇気は良い結果につながったでしょうか。

よく子どもが不登校になったら、親は自分の楽しみを見つけなさいというアドバイスを見かけます。
私は、それは無理!だと思っていました。
もちろん、子どもを見すぎる傾向を戒めるものだと思います。

子どもの不登校の問題に真向から向き合い、問題解決に努力することは何よりも大切だと思います。
こういった見ず知らずの場所や人の中に飛び込むのは勇気がいります。
その勇気が不登校解決の一歩かもしれません。

親だけの会ですので、通常はランチ・カフェといった場でお話をするのですが、今回は、会議室を借りてみました。
12名のお部屋を借りて、最初は6名くらい集まればOKと言う気持ちだったのですが、最終的に14名参加くださいました。

お弁当をいただきながら、自己紹介
皆さん、お一人ずつの経験が濃いので、まるでドラマを何本もみているようでした
当時を思いだして、涙ぐむ姿も
どの方も、そんな涙を飲み込んでの今の明るいパワーあふれる姿が素敵でした

事前に、聞いてみたいこと・困っていることなどを伺っていました。
高校受験のこともちらほら。
学校によって、受験体制の違うことや内申の取り扱いの違いなども、都道府県によっての違いがありびっくりです。
そして、公立中学と私立一貫校の違いも大きくあがっていました。

中学生で復学し、高校生になってその対応を試行錯誤しているという方。
私も経験しましたが、この対応の違いは結構大きいです。
子を見ていると何かが違うという想いがでてきます。この母の想いが正解なのだと感じます。

スマホやLINEといった使い方や約束をどうするか

病気の時の対応や薬についての考え方など。

これ以外にも、いろいろな話がでました。
また機会をみて記事にできればなと思います。
支援を経験している方も多かったので、先生方の裏話もでましたよ(笑)

13時から始まった会でしたが、4時間があっという間でした、


17時からは場所を変えて2時会。
おいしいお料理をいただきながら、話に花が咲きました。

今回参加された方は、また次回もよろしくお願いしますね。
今回都合のつかなかった方は、ぜひ次回お会いできるのを楽しみにしています。




同じく参加してくださったくるみさんの記事
親の会に参加して






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります





スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

関連記事

2014-06-24mixi

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。