不登校から再登校〜6年がたちました

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

不登校から再登校〜6年がたちました

7月4日、この日は私にとって特別な日です。
そう、息子が一年間の不登校から中学校へ戻って行った日です。
中1の6月から不登校になり、中2の4月にFHEに支援を依頼して7月4日に再登校。
あれから、6年がたちました。

今息子は専門学校で勉強しています。
6月生まれの息子は、先月20歳の誕生日を迎えました。
不登校になったのは、13歳の誕生日の少し前でした。
この子は、もう一生外へは出ていけないんだろうか。
5年後はどうしているんだろうか
いろいろ先が見えずに悩んだ日々を支援の先生に変えていただきました。
まだまだ子供の部分が多く見えますが、二十歳と言う年齢に負けない自信もついてきたでしょうか。

高校3年生くらいから、ちょとずつ親がおっ!と思うようなこと見せはじめてくれました。
もちろん、支援を受けて親の対応を変えたことで
息子の成長を息子の速度で
息子の物差しで
見ることができるようになったことも大きな変化でした。


6年前の7月4日は、金曜日でした。偶然今年も金曜日
無事に再登校した後、先生に月曜日の心配をして、チェックがはいりました

子どもの成長は、一日ずつみていてはわからないことも、さすがに6年たつと、実感させてもらいます。
息子が不登校になり、
何が問題なんだろう。
何がいけないんだろう。
この子は、将来やっていけるんだろうか
当時、常に思っていたことです。

不登校なんて、自分とは関係ないと思っていたのが、すぐ身近にあったこと
何もわからず、息子を動かそうとして、何をやってもうまくいかず、親の方が疲れ果ててしまい、そっとしておこうと親が楽な方向へ流れてしまい、長期不登校に突入でした。

もし、当時の私に言えるなら、
子どもを動かすことよりまず親が動くことが大事。
そして、子どもに向き合うことが一番大事
と言いたいです。私の反省です


今も、息子はおねだりが苦手だったり
お父さんに怒られると萎縮してしまったり
理路整然と他人に話すことが苦手だったり
自分の気持ちも相手に伝えることが苦手です
マイナスの部分は探せばたくさんあります

それでも、この6年の間に親はびっくりさせられる部分も多くありました。
勉強が苦手だった息子が、はたして高校を無事に卒業できるかと思いましたが、低空飛行ながら、赤点とりながらも進級をかちとり卒業できました。
勉強は苦手な息子ですが、学校は欠席・遅刻せずに行くものという想いはしっかりと受け止め高校時代は無遅刻・無欠席、そして、今の専門学校も一日だけ風邪で休んだ以外は遅刻・欠席なく登校しています。
祖父母にたいして、優しく気遣う姿をみせてくれています
お手伝いを頼むと、しぶしぶですが動いてくれます


今は専門学校の2年生。
来年はまた人生の選択の時期になります。
はたして、息子はどの道を選択するでしょうか
どの道でも、選択することのできるまで息子が成長してくれていることを楽しみに見守りたいと思います






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります






スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (8)

Unknown

再登校から6年経ったのですね。
ずっとこのブログを読ませていただいていて、息子さんの頑張り・成長に力をいただいています。
二十歳のお誕生日おめでとうございます。
成人された息子さんの、更なる成長を楽しみにしています。
みなみ URL 2014-07-05 14:15  [Edit]

Unknown

息子くん20歳になったのですね!おめでとうhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">

そして…再登校から6年、おめでとうhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0160.gif">

私も、このブログで、息子さんの成長をたくさん感じていたうちのひとりです。

学校に行きたいのに行けない…という息子をどうしたら学校に戻してやれるのか。
と、情報を探す私でしたが、復学支援で学校に戻った息子さんの姿に大きな希望を与えてもらいました。

ちゃろさんの息子さんの歩いた後を、うちの息子も歩かせてもらっています。
ちゃろさん親子の頑張る姿に、私もどれだけ力をもらったことでしょう。

もし、藤本先生に出会えていなかったら…自己肯定感の低かった息子はどうなっていたか…。
不登校になって時間がたった息子に、いくらあなたが大切だと伝えても、どれだけ愛しても、閉じられた扉は二度と開かなかったのではないかと感じてしまいます。
誰かと比べずに、成長していく姿を見守る姿勢もちゃろさんから学びました。
うちの息子も亀の歩みですが、その歩みが愛しい日々です。

これからも後をついていかせてくださいねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0158.gif">
息子さんのこれからの成長も、楽しみにしていますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0150.gif">
どんぐり URL 2014-07-06 08:57  [Edit]

Unknown

再登校から6年、そして二十歳のお誕生日おめでとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0184.gif">http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0191.gif">

来年はまた選択の時がやってくるのですね。

ちゃろさんの見守り、私も応援しています。
そして、離れてはいますが、ここから私も息子さんの頑張りを応援していますねhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0235.gif">

先日、兄夫婦に会ったので姪っ子たちの様子を聞きました。
もうすぐ子どもが2歳になるので、職場復帰すること。
(販売業なので、もしかするとちゃろさんも会ったりするかもhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0206.gif">)。
でも数年後には旦那さんの転勤で東京に戻るかも…と言ってました。
私が「離れがたいって言ってたから残念だね。」
というと「その前に子どもに関西弁をマスターさせるhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0209.gif">」って言ってた~。」そうです
http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0146.gif">
名前は忘れちゃったけど、関西弁で若者に説教するお子ちゃまのドリンクCM[、バカかわいいですものね
http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0203.gif">
あ。この場合の「バカ」は、「めっちゃ」と同義語ですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0147.gif">
もうすぐハリポタもオープンですね。
予約がものすごいとか…http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0252.gif">しばらくお預けですhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0163.gif">
私は娘と進撃の巨人の映画エキストラに申し込みましたが、「茨木に朝5時半集合http://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0167.gif">・撮影は日没まで」等で、未だに参加できていません。(おまけに学校ある日だったりhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0163.gif">)
7月末でエキストラの出番は無くなるようですが、あきらめずに娘と待ってみま~すhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/m_0151.gif">
かのん URL 2014-07-08 09:22  [Edit]

すごいことですね!

息子さん、本当に良かったですね。
素晴らしいお母様がいらっしゃるんです、
これからも、将来もきっと大丈夫です。

私もかつ娘の不登校で悩んだことがありますが
お書きになった次の言葉は心を打ちました。

「子どもを動かすことよりまず親が動くことが大事。
そして、子どもに向き合うことが一番大事」

本当にそうですね。
改めて大切な事を教えていただき、感謝しています。
ありがとうございます。
Tao URL 2014-07-10 15:35  [Edit]

みなみさんへ

いつも応援ありがとうございます。
息子もいつのまにか、20歳!
大人の仲間入りの年齢になりました。本人を見ていると、まだまだ危ういのですが・・・

親も息子の成長を楽しみに頑張っていきますね。
これからも、どうぞよろしくhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif">
ちゃろ URL 2014-07-12 22:16  [Edit]

どんぐりさんへ

ありがとうございます!
どんぐりさんの息子さんもすぐに20歳ですよ(笑)

このブログを始めた時は、支援って怪しくないの?という視点で見られることが多かったものです。
先生の対応を見て不登校の専門家といえる先生がいることを知ってほしいという気持ちもありました。

どんぐりさんにお話を伺うことで、本当に支援は家庭によって違うんだと実感しました。
どんぐりさんが息子さんと向き合ってきた対応の一つずつが今の息子さんにつながっているのを実感させてもらっています。

これからも、どうぞよろしくhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif">
ちゃろ URL 2014-07-12 22:20  [Edit]

かのんさんへ

ありがとうございます。
かのんさんも、このブログをひっぱってきてくれた功労者です。
いつもいただくコメントで力をもらってきました。

姪御さんも、2歳児のお母さんですね。
関西弁は、嫌でもうつりますからきっと東京へ戻られるころにはマスターされていそうです(笑)

ハリポタ、距離が近くても、なかなか近寄れなくて(笑)。
かのんさんの方が、先に経験なんてことになるかもです。

エキストラ、茨木に集合?!かのんさんのアンテナの感度の良さに脱帽です。

またご家庭の様子聞かせてくださいね。
これからも、よろしくお願いしますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif">
ちゃろ URL 2014-07-12 22:25  [Edit]

Taoさんへ

はじめまして。
息子のことは、本当にいろいろありました。
頭でっかちの私が、ここまで考え方をかえるには第三者の手助けが必要だったということですね。

Taoさんも、娘さんが不登校で悩まれたことがあるのですね。
親として子供の不登校は本当に人生の転機に匹敵するできごとです。年数がたったからわかることがあります。

親が動く、これが行動だけでなく考え方を動かすことも大事なんだなと感じています。

また覗きにきていただけるとうれしいです。
ありがとうございますhttp://blogimg.goo.ne.jp/img_emoji/hamster_2.gif">
ちゃろ URL 2014-07-12 22:33  [Edit]

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。