中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

娘の迷い

この日父親が休みのため、なかなか起きない娘のことを父親に任せて私は出勤しました。
父親は娘に対してかなりきつく登校を促したようです

そのあと、娘から電話がかかってきました。

「もうわからへん。どこにも居場所ない。学校でも家でも。どうしたらいいん?」

涙声で電話してきた娘に対してどういえばいいのか迷いました。
この時はとにかく娘のいいたいことを聞いてやろうと思って注意して話しました。

 母「今体はしんどくないの?」
 娘「うん。何もかも中途半端なんがあかんのやと思うけど」
 母「何が中途半端なん?」
 娘「わからへん」
 母「いろいろ考えられへんもんな」
 娘「お父さんが心配してくれるのは」いいけど、心配しすぎるのはいやや」
  「 まだ不登校ちゃうやん。学校も行ってるし、大学も行きたいもん」
 母「がんばってるもんな」・・・?

仕事中のため、この場はとりあえず電話をきりました。
一生懸命娘の言いたいことを聞いたつもりです。

ただあとで?のように
アクティブに聞くのことは大切ですが、後々のことも考えて
(頑張れていないことを追求しないといけない時がきます)
ウソにならないように気をつけましょう

と指導していただきました。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。