専門学校2年生の息子ですが、なんとか追試をクリアして、無事に夏休みに入りました。
追試の結果がわかったのが、8月最初。そこからやっと夏休みです。
友達と旅行にでも行かないのかなと聞いても、
友達もインドア派らしくて、ずっと家でゲームをしています。

息子のパソコンがとうとう怪しくなってきたようです。
今息子が使っているのは、家族共有で使っていたパソコン。
Windowsビスタと聞けばだいたいの年数がわかるかと思います。

共有だったのが、お父さんがマイパソコンになり、娘も自分で買い、私も別にして・・
で、結果最後に残った息子のマイパソコンとなったわけです。

リビングの片隅に置いてあるので、息子が何時間くらいパソコンをしているのか。
どんなゲームをしているのか、一目瞭然。
そういう意味では、息子の様子を把握するのに便利でした。

そのパソコンが、とうとうもう無理という状況になっている様子です。
もちろん、私からは何もいいません。

『月曜日にバイト行ってくるわ
突然言われました。どうやら、真剣にパソコンを買うことを考え始めたようです。
2日間だけですが、自分で青果の詰め合わせのバイトを探して応募した様子です。
時給850円×8時間×2日間
パソコンへの道のりはやや遠いようですが、これも一歩からですね

バイトが決まると、さっそくパソコンの選定をしていました。
部品の組み立てをしたほうが安くなるらしくて、いろいろ調べているようです。
それでも、5〜6万円はいるかな?
10日の日曜日に新聞に入っている求人のチラシを期待していたようすですが、お盆前の日曜日は求人広告も休みだったようで、息子はがっかりしていました。
今から8月後半に入れるバイトが見つかるのかは微妙ですね。

バイトの様子は、息子の方からは話しをしてこないので、ちょっと探ってみました
母 「どんなバイトなの」
息子「お盆の果物の詰め合わせ」
母 「工場みたいなとこ?倉庫みたいなとこ?」
息子「倉庫みたい。ずっと立っているのがしんどいわ。
母 「たくさんバイトいてるの?」
息子「何人かにわかれてやってる。むこうのシマで中国語でしゃべってた」
う〜ん、なんだか想像しちゃいます。
私なら、周りの人と色々話して、楽しく仕事!と思いますが、息子くらいの年代の男の子では、無言でやることだけやっているのでしょうか。
パートのおばちゃんもたくさんいるらしくて、
どこからきたん
いくつなん
何やってるん
と色々聞かれたようです。
ちょっとは、話に答えられたかな?

夜に体重を量って、『2kg減った!体脂肪はいっぱい減ってる♪』
よっぽどしんどかったのか、普段がよっぽど楽な生活なのか

本当にお金をもっていない息子なので、バイトに行くためのバス代は貸してあげました。
お昼もお弁当持参です。バス代だけで果たして大丈夫なのか心配してしまうのは、過干渉の名残ですね。


朝起こしの問題で、ずっとやきもきしていた我が家ですが、今回のバイトでは、息子がんばりました。
お弁当をもっていきたい。←お母さんを起こさないと
いつもより早く家を出ないといけない。
こんな状況で、朝起こしてと頼まれていたのですが、当日、なんと息子に私が起こされました。
あれほど、学校に行くために朝起こすことに格闘していた我が家ですら、変わるものです。

体中が痛いというおまけつきで、無事2日間のバイトを終えました。
本当なら、7月くらいには、夏休みのバイトを探し始めてちょうどだと思うのですが、テストと格闘していた息子なので、同時進行でバイトを探すという器用なことはできません。
それでも、今回2日間でもバイトを自ら探して雇ってもらえたことは大きな成果です。

バイトが終わっての息子の感想は、
『もうあれはやりたくない』
でした。これも経験ですね。








にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None