2学期がはじまり、子ども達の登校の姿をみかけます。
9月から再登校をされた方もいて、頑張っている様子が聞こえてきます。

夏休みの後、また休んでしまうんじゃないか
再登校から間もない方は、特に感じるのではないでしょうか。
かくいう私も、そうでした。
中2の1学期の終わりに再登校した息子でしたので、2学期はどうなることかと親の方が不安でした。
息子が不登校中のように、朝起きなかったらどうしたらいいんだろう
なんて言えばいいんだろう
そんな気持ちが今でも思いだされます。

再登校すぐは、親も対応がわかりません。なので、とにかく藤本先生へ連絡です。
我が家の朝の対応を以前記事にしました。
朝「行かない」といったら

以前は、とにかく早く決着をつけたかった。
親も出勤時間がせまってくるので、ゆっくり息子に向き合うこともしていませんでした。
そんな私でも、支援を受けて色々教えていただくことで、我が家の対応が固まってきました。
我が家は、まず朝はしゃべりすぎない
これが大事なことでした。

私が黙って聞いていると、息子の方から理由を探し、対応を考えて話してきます。
ただ、そこまで到達するまでに時間がかかります。
その時間が息子に向き合うために必要な時間なのでしょう。
そんな対応を教えていただき、実践してきました。

あの息子でも、変わりました。
実は、先日の土日は息子は休みだったのですが、どこへも行かず家でずっとゲームをしていました。
朝は11時くらいにやっと起きてきて、朝ご飯を食べ、12時に又お昼をたべ、その後部屋に戻り寝てしまっていました。
起きてきたのは、夕方です。
完全に昼夜逆転しています。

以前なら、親の方が休みの日でもきちんと起きるべき。これでは朝起きれないんじゃないか。
そう思って息子にあれこれ言っていました。
でも、今は昼夜逆転していても、学校のある日はきちんと起きます。
つい、「早く寝ないと、授業中眠くなるよ」
といってしまったのは、まだまだクセがぬけないせいでしょうね

再登校後、どう対応すればいいのか迷うことがたくさんあります。
登校するということは、楽しいことばかりではありません。
辛いことも、めんどくさいことも、しんどいこともたくさんあるのが学校です。
時には、休んでしまうこともあります。
息子も、なんどもこけていました。

そんな時、ネットで応援してくれるみんなが、
波がくるのも、こけるのも学校にいっているからこそ。
家にいては、こけないけれど進みもしない
波をこえると、今まで以上の楽しいことがたくさんある
そう応援してくれました。(復学すると波がくる?
こけるといけないんだと思っていた私は、こけてもいいんだ
それが、学校へ行っているということなんだと、目から鱗でした。

波が来たときに、逃げずに乗り越えようと向き合うことが一番大事と気づかせてもらいました。
今頑張っている方も、我が子は波を乗り越える力をもっているはずと信じて、頑張りましょう。
きっと大丈夫




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります



スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None