家庭教育推進協会を御存じでしょうか

FHEの藤本先生
エンカレッジの上野先生
ペアレンツキャンプの水野先生
この先生方が、力をあわせて作られた機関です。

こちらのホームページが、最近リニューアルされました。
家庭教育推進協会

このホームページの最初の言葉
「不登校問題においては初期の対応が一番大切です。
子どもが不登校になってしまい、親が最初にすることはなんでしょうか?
当協会に相談があった100人の案件を集計してみると、実に93人の方はいろいろな本やホームページを見て、何が原因だったのか、何が間違っていたのかを調べてから相談されています。
しかし、そうこうしているうちに子どもは平均1.7ヵ月の不登校期間を経てしまい、解決が困難となってしまっているケースが数多くあります。

読んだだけで「知っているつもり」になるよりも、早い段階で専門家に相談して「知ること」。
順番を変えれば明日も変えていけると思いませんか?


1年もの間、回り道をした我が家にとって、とても心を打つ言葉です。

最初に何をすればいいのか
正解はわかりませんが、まず親が動くことだったのかなと思います。
親が動くというのは、子供に問いただして「どうしていかないのか」と聞くことではありません。

子どもの様子を見る・感じる
学校で何があったのか
どんな友達関係だったのか
実際に会話がなくても、どんな表情をしているのか
何に興味をもっているのか
どんな気持ちでいるのか
そんなことを理解する努力が必要だったのかと今では思います。


当時は、何が子どもに起こっているのかもわからず、
学校の先生に相談しても、
「今は待ちましょう。」「きっと大丈夫です」
そう言われるばかりで、
スクールカウンセラーに相談しても、
母の気持ちの整理には大いに助けてもらいましたが、息子の助けにはなりませんでした。
そのうちに、母もあきらめて、今は待てばいいんだと思い込むようになります。
それでも、ふとした拍子に不安な気持ちがムクムクと湧き上がってきます。
そんなことの繰り返しだったことを思いだします。

不登校が始まって、すぐの時期は確かに子どもも親も混乱しています。
何かをするにしても、状態が落ち着かないと難しい場合が多いです。
我が家も夏休み前から不登校がはじまり、2学期になっても動くことができず、9月・10月と学校と相談するだけで日にちが過ぎて言ったように思います。
この時期に私は、学校が待てといっているのだから待てばいいんだと、思い込むようにしていました。親が問題から逃げていたにすぎません。


学校関係に相談して、お母さんの愛情不足といわれた方がいます
でも、その方はネットで情報を探し、自ら書き込んで道を探しておられます。
それほど子供のこと思って行動できる方が、愛情不足とはどうしても思えません。
私自身も、学校の先生には愛情不足と思われていたようです。
子供のためを思って先生の前で泣けば愛情深いということなんでしょうか。
子供のタイプ
親のタイプ
家庭の構成
いろんな要因で対応もかわってきます。
目にみえる部分だけではわかりませんね。

子供の不登校を解決するのは親である
その一歩のために手間暇をおしまない
今までと何か違うことをしてみる
苦手なことも、子供の不登校とくらべれば簡単なことです。


家庭教育推進協会の初回相談は無料です。
相談したからといって、何か契約をせまられるということはありません。
支援をすすめられることもありません。
怪しい機関ではありません(笑)
一度相談してみてほしいなと思います。

初めての一歩が子供の笑顔につながるように応援しています。







にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None