先週の日曜日に、東京にてFHE関東親の会が開催されました
その様子をロータスティさんにお願いして、記事にしていただきました。



1月25日(日)藤本先生、訪問のA先生をお迎えし、FHE親の会を東京銀座のイタリアンレストランにて開催させていただきました!

初参加の方が3名、お父様も出席してくださり、計10名の親御さんにご参加いただきました。
恒例ですが、自己紹介を兼ねて現在のお子さんやご家庭の様子を伺わせていただきました。

今回は「支援スタート順」ということで、復学後5年半の我が家のお話からさせていただきました。
中2で不登校になり復学させていただいた息子も、現在大学1年生。
昨年の今頃は大学受験でかなり苦しんでおりましたが、何とか合格をいただき大学生になることができました。
サークル活動を楽しんでいること、アルバイトを頑張っていて社会勉強もさせていただいていることなどを報告させていただきました。
息子は引きこもるタイプですので、毎日活動できていることを嬉しく感じています。

上の娘も大学4年生になりました。
しっかり者の娘ですが、物事をはっきりと相手に伝えてしまうことで人間関係がスムーズにいかないことが数多くありました。
家庭教育を導入すると娘にも変化があらわれました。
コミュニケーション能力が上がり、周囲に溶け込み場の空気を読み気持ちをおさえ、上手にお付き合いができるようになりました。
当初は息子のことを受け入れられず悲しそうにしていましたが、徐々に息子を理解し協力してくれるようにもなりました。
就職も決まり春から社会人です。

支援を卒業されたお子さん方の多くは、現在高校生。
部活が楽しくて仕方がない、
おしゃれに目覚めました、
初めてアルバイトをしました、
など様々な活動を元気にされてる様子をお聞きすることができました。

復学後、年数の経過とともにどうしても家庭内対応の意識が薄れていってしまう、というお話もでました。
こうして親の会で確認できることが良い機会になっている、と伺わせていただきました。

そろそろ高校卒業後の進路について考える時期にさしかかり、先生にご相談させていただくことも皆さんたくさんおありのようでした。
入試のこと、塾のこと、志望校のことと悩みは尽きませんね。
そして、そのご家庭、その子さんを熟知されてる先生から的確なアドバイスをいただくことができ、また一歩前進されたのではないでしょうか。

継続登校挑戦中のご家庭からは、支援機関に巡り合うまでのお話、復学までの道のりを伺わせていただきました。
復学してからは、学校行事に参加して生き生きとしている、
大変な勉強に挑戦している、
お友達関係に少し悩んでいる…

学校行事、勉強、友達関係と、どれもみな学校生活にはつきものです。
一つ一つ問題を解決していかれるお子さん達を見守ることは大変なことだと思いますが、皆さん対応を守られて頑張られておられるご様子でした。

また、お父様のご参加で父親目線での大変貴重なお話を伺わせていただくことができました。
これからもご参加いただけると嬉しいです。

訪問のA先生にも子供たちの元気な様子を報告することができました。
みんながみんな苦しい時期をA先生に支えていただき乗り越えさせていただきました。
「いろんなことがありましたね、あの時は大変でしたね」
と、そのすべてを笑って振り返ることが出来ることが本当にありがたいです。

お話しが終わらず、次のスケジュールに向かわれる先生方にお見送りしていただき(本当は私たちがお見送りしないといけないのですが>_<)2次会へ!
日々の対応での注意事項や、学校生活、受験体験など、引き続きじっくりと話し合うことができました。

藤本先生、A先生、お忙しいなかスケジュール調整していただきありがとうございました。


このような集いを関東でも年2〜3回、開催させていただいています。
ちゃろさん、いつも記事を掲載してくださりありがとうございます。
親の会のつながりが皆様のプラスになりますよう、少しでも有意義な会になりますよう、これからも皆様のご意見を伺いながらすすめさせていただきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>



ロータスティさん、親の会の様子を記事にしてくださり、ありがとうございました。
みなさんが、貴重な時間を過ごされた様子がよくわかります。
これからも素晴らしい会が続いていくよう関東・関西ともに頑張っていきましょう!
昨年の夏には、私も関東の親の会へ参加させていただきました。→(☆)
関東の皆様も、ぜひ関西へお越しの際はお声をかけてくださいね。


FHEでは、支援を受けた親で関東・関西で親の会を運営しています。
支援最中の方、支援を卒業された方が集まって近況報告や、藤本先生をお迎えしてお話を伺ったりしています。
支援を卒業しても、藤本先生・訪問の先生が子どもたちを気にかけてくださっているのが嬉しいですね。








にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None