卒業試験をなんとかクリアした息子ですが、ここで終わりにはなりません。


普通の大学生なら就活でたくさんもまれています。


それが成長の助けにもなっているように思います。


やっとここからが息子の就活のスタートです。


友達はどうなの?と聞いてもさあ?と答える息子。


周りの子もぼちぼちと決まってきている様子です。


息子はあわてる様子もなく、家でゲームをする毎日です。


 


ある日、息子が「明日面接に行ってくるわ」と言ってきました。


は?という感じです。


学校に相談はしていたようです。


どうやら、専門学校の系列の施設に学校の先生があたりを付けてくれた様子です。


学校の系列に施設や病院などがあります。それもありがたいです。


 


面接が終わって、息子に聞くと


「とりあえず行くことになった。」


どうやら3か月の試用期間があるようです。


息子の話をあわせると、4月から働いて、3か月後に本採用にするかどうか考えるという話だということです。


 


施設さんも、卒業試験を一回落とすような息子を大歓迎とはいかないですよね。


とりあえず、使っていただけるだけでもありがたいことです。


まず、3か月。そして1年。


その段階までいけば、息子もこの仕事を一生の仕事にしようと思うのかどうかが、わかるでしょう。


続けようと思えたなら、一年の経験があれば、他の施設を探すこともできます。


 


本採用じゃないから、他を探すという意識もない様子です。


息子の仕事ですから、もう親がとやかくいうのもおかしなものです。


実際に働いてみて、そこから考えるスタートに立てるのかなと思います。


つい、スローモーな息子をみて、色々言いたくなりますが、息子のペースでしか歩けないんですね。


ひとまず、働ける場所がいただけただけでもよかったです。


 


まず、息子が自分の足で歩きだしたことを、この場でお知らせできたことがうれしいです。


まだまだ不器用な息子であり、気のきかない母ですが、息子の不登校でたくさんの勉強をさせていただきました。


この経験がこれからの人生に必要だったと今思える状況になることができたのも、我が家を助けてくださった藤本先生をはじめとした復学支援の先生方との出会いです。


また、母もこのブログを通してたくさんの方から力をいただきました。


この年齢になって、自分のたらないところをみつめて変える努力ができたことが、これから人生の宝物になる予感です。


応援いただいた皆様、本当にありがとうございました。


 


 


このブログをここで区切りとすることも考えましたが、今でも不登校で苦しんでいる家庭がたくさんあります。我が家の歩いた道が少しでも参考になるのなら、これほど嬉しいことはありません。


不登校で道を探している方、復学支援に興味を持たれた方がここを見てくださることを願って、細く長く続けていけたらいいなと思います。


 


 


 


 にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります


 

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None