自分を変えると子どもも変わる~家庭教育相談士養成講座 第二回

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

自分を変えると子どもも変わる~家庭教育相談士養成講座 第二回

  •  投稿日:2015-12-04
  •  カテゴリ:Weblog
ノート2 

家庭教育相談士養成講座の第二回に参加してきました。
今日は、そのご報告です。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

家庭教育推進協会って、ご存知でしょうか。
我が家が支援をお願いした先生が、他の機関の先生方と協力して作られた機関です。
詳しくはコチラ→家庭教育推進協会ホームページ

支援を受けて親はたくさんのことを学びます。
それを、生かす方法の一つとして、今回の「家庭教育相談士養成講座」が開講されました。
まだまだ、はじまったばかりで定期開催とまではいきませんが、子どもが大きくなった我が家でも、参加させていただくと、たくさんの学びがいただけます。

家庭教育相談士養成講座 第二回
平成27年11月29日(日曜日)
場所:たかつガーデン(上本町)
時間:10時~16時半
主催:家庭教育推進協会

午前中は上野先生の講義
先生の経験談もまじえて、基礎としてしっておくことが大事なことをお話しくださいました。

10年前は、家庭教育=家庭で教える勉強という考え方が根強かった。
それが、今では家庭教育の認知が進んできていることを実感されているというお話には、思わず納得です。
家庭教育とは
親が子に家庭内で言葉や生活習慣、コミュニケーションなど生きていく上で必要な社会に出ていくためのスキルを身につけええる援助をすること。


家庭内で問題が起こった時に、親が「子どもをどうしたらいいですか?」という質問ばかりだったのが、「自分はどうしたらいいですか?」という質問に変わってきたことにも、家庭教育の認知が伺える言われていました。

ご自分の声のことをお話しくださいましたが、聞いている私たちはすっかり引き込まれていました。
先生に文句を言ったのが、我が家の娘だったと種あかしをしてもらって、恐縮至極です。

午後は、藤本先生の講義
実技をみすえたお話で、私が支援を受けているときには、先生はこうやって考えてくださっていたのかなと、つい思い出してしまいました。

最後の講義は実際のロールプレイング。今回はリフレーミングに焦点を当てての実技でした。
言葉のリフレーミングをいくつか実習でした。
気が弱い      優しい
自慢する       自己肯定感がある
がんこ         自分の意見をもっている
マイペース      まわりを気にしない
浮き沈みが激しい  切り替えがうまい


私のお相手の方は、とっても上手な方だったので、つい真剣に相談してしまいましたよ。
私の方はといえば、お話を聞くことで精一杯。つい自分の意見をいいたくなる悪習が出てきそうになり、まだまだでした。

講座の後は、恒例の懇親会もやっちゃいました。
事前に何も決めていなかったのですが、当日参加のみなさんに声をかけると、心よく参加くださいました。
もちろん、協会の先生方もお忙しい身でありながら、参加くださいました。
先生方、いつもありがとうございます。
でも、こうやって先生方にじかにお話を聞ける場は、なんとも贅沢な時間です。

また、次回の開催をお待ちしています。


~☆~☆~☆~

今回、初めて参加の方がおられ、このブログのお話もしました。
スマホで見られているということで、なかなか目指す記事にたどりつかないと聞き、ちょっとここも整理しないといけませんね。
また、時間をみつけて、スマホからでもサクサク記事を見ていだだけるようにがんばります。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (2)

ちゃろさん、今回もブログへのアップありがとうございます。
当日のおさらいをさせてもらえました(^^)

不登校に直面した時、一番に考えたのは、学校で何があったのかということ。
次にどうしたら我が子が強く変われるか…ということ。
悩んだ末に行き着いた答えは、このままでいいんだ、見守っていこうと、あるがままを受け入れることでした。

自分が本当の意味で変わるというところまでいくには、少し時間がかかってしまいました。

家庭教育というのは、とても奥深く、子どもが不登校を抜け出すと、自分が変わったつもりが変わっていなかったり、つい学んだことを実践できずに、元の自分に戻っていたりします。

ましてや悩んでいる方に、教えて頂いたことを伝えていくのは、とても難しいです。
いまだに悩んだり、落ち込んだりもあり、人に伝えるのが怖くなったりもします。

でも、お忙しい先生方が、貴重な時間を作り出して、私たちに一生懸命伝えようとしてくださるお姿を見たり、そのお気持ちを考えると、
私自身がもっと成長しなければ…もっと強くならなければと、気持ちを新たにすることができました。

支援の先生方、協会の先生方がご自身の身を削って、私や子どもを支えてくださってきたのが、改めてわかる時間でもありました。

ちゃろさんもずっとこのブログを続けてくださることで、私のように救われる人もまだまだいるのではと思います。
これからもよろしくお願いします。

次回の開催も、楽しみですね。
また一緒に参加しましょうね!
どんぐり URL 2015-12-12 21:46

どんぐりさんへ

コメントありがとうございます。
こうした講座は、子育てがこれからの方も、子育てが終盤に入った方もぜひおすすめしたいものです。
どんぐりさんをはじめ、みなさんの応援のおかげでこのブログも続いています。
これからも、よろしくお願いしますね(^^)/
ちゃろ URL 2016-01-04 12:37

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。