合格祈願  

2月に入り、高校受験の季節だなと思いかえしていました。
だれもが通過する受験というハードルですが、不登校を経験した息子には、とてつもなく高いハードルでした。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
中学1年で不登校になり、中2の7月に学校へ戻った息子です。
もちろん、じっと待っていたら学校へ戻れたなんてことはありません。
この子には、手助けがないと動けないだろう。
その方法も力も親には足りない。
そう考えた結果、復学支援を依頼しました。
ファースト・ホーム・エデュケーション

代表の藤本先生からは、学校へ戻していいかどうか、五分五分です。
まわりがいじめという環境もあり、本人も足らない部分がありという状況でした。
そんな息子が復学し、何もなく普通に過ごしたとはいえません。
ありとあらゆる不安との戦いでした。
その戦いを一緒に潜り抜けてくださった先生方には、感謝しきれない思いです。

2月の高校受験は、親が口を出すことができない初めての息子の試練だったように思います。
逆に親が口をだしすぎていたから息子の不登校という結果があったともいえます。

受験当日は、親の私の方がドキドキしてしまって・・・。
我が家の高校受験の記事はコチラ→不登校からの高校受験

息子が帰宅したら、なんといえばいいのか、なんだかそんなことばかり思っていた記憶があります。
受験当日、帰ってきた時の表情をしっかりと見ておくといいと教えてもらいました。
案外本人は、さっぱりとした様子でした。

どうだった?とは聞きましたが、あまり根掘り葉掘りにならないようにするのが大変でした。

今年受験の皆様、無事受験が終わるよう応援しています。
頑張れ~!

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None