初めてのホワイトデー~こんな日がくるなんて

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

初めてのホワイトデー~こんな日がくるなんて

  •  投稿日:2016-03-16
  •  カテゴリ:Weblog
  75884b00788d135b8664921a33c28b99_s.jpg  

今年のホワイトデーに、嬉しいビックリがありました!
そう、息子がバレンタインチョコのお返しをくれました~
何をそんな普通のことを
と思いますか?
いやいや、これは大事件なんです。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
我が家は、バレンタインにチョコをお父さんと息子に毎年あげます。
まあ、恒例行事と言う感じですね。
息子に、チョコをあげると、「ありがと」とボソッと言ってくれますが、チョコはあっという間になくなります。
そして、ホワイトデーに、お父さんがお返しのチョコを買ってくれます。
意外と普段食べられないチョコが食べれて嬉しいですよね。
でも、もちろん息子からお返しをもらったことはありません。まあ、お金がないということも大きいのですが、お返しという気遣いがないというのが正直なところですね。

そんな息子も、働きだして、1年になろうとしています。
もちろん、何も問題なくとはいいませんが、毎日仕事に行く場所があるだけでもう親としては十分です。

息子は、周りの空気を読むということが苦手です。
それは、性格といってもいいのですが、本来なら、中学時代が周りの空気を読んで行動するという訓練期間の役割になっているように思います。
息子は、この中学時代に最初につまづいて不登校という選択をしました。
空気が読めないという性格は家で籠っていては、まったく成長することはできません。
支援を受けて復学した後も、そうすぐに性格が変わるわけではないので、いろいろ大変だっただろうなと思うことがたくさんありました。

ホワイトデーに、お返しを買うことができなくても、言葉だけでも十分です。
母に対して、ちょっと気づかいを見せてくれたら、それだけで嬉しいですものね。

今回のお返しはコチラ
写真 1(260)

写真 2(259)
チョコでなく、ゼリー菓子というところが息子らしいというかちょっと残念なところです。

でもね、仕事の帰りに途中下車して、何かお母さんに買っていこうと思ってくれたその気持ちがうれしいです。
きっと職場で、誰かに言われたか誰かがお返しの準備をしているのを耳にしたのかなと思います。

仕事をさせてもらえる、自分が所属する場所があるということが息子にとってはとても大きなことです。
その場にいることで、いろんな話が聞こえてくることでしょう。
もちろん、嫌なこともたくさんあるようです。
それでも、あの嫌だった中学校へ復学してがんばったことが今の土台となっているのは間違いありません。

他人に対して、気づかいのできるようになったことに息子の成長をみせてもらえたことが、ホワイトデーの何よりのプレゼントでした。
来年は、チョコにしてね(^^♪

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。