藤

いつのまにか、5月になっていました。前回の投稿から1か月以上たってしまいました。新学期が始まり、新しい環境に飛び込んでいった子どもたちは、いかがでしょうか。

我が家の不登校経験した息子も社会人2年目を迎えました。
今日は、そんな息子の近況と、不登校中の新学期のようすを思い出して記事にしてみます。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
我が家の息子は、介護福祉士として介護施設で働いています。ただ、気になるのはまだパート扱いで時間も1時間短くされてしまったとか。どんな状況でも、毎日仕事に行く場があり、お給料をいただけることがありがたいです。今は下積みの期間と思い、親は見守るのみです。

新学期は、親も子もなんだか不安になります。
中学1年の春を思いだしてみました。親は、何も心配せず新しい環境に息子が楽しみにしていると感じていました。確かに、小学校でちょっとワケありだった息子は、新しい環境で新しい自分を作ることで気持ちは上むきだったといえます。

しかし、中学校になると、子ども達は自分のスタンスを固めようとします。それが、自分が頑張ることだけでなく、他人を落として自分を上げる(優位に立つ)という技も使うのです。

息子のことをよく知っている同級生がきっと、『あいつは、ちょっと変わっているんだぜ』と他の中学校からきた同級生に話し優位にたとうとしたことは、容易に考えられます。

それでも、息子がクラスの中でまわりと溶け込むことができれば、そんなちょっとした悪意?などすぐに消えてしまいます。ただ、息子は、そんな空気を読み取るアンテナが弱かったのか低かったのだろうと今では考えています。
その結果、入学後すぐの宿泊学習の後、五月雨登校になります。

親は、不登校がどんなものかも知らず、オロオロするばかり。休みが重なり始めてやっと事の大変さに気づくという状況でした。
そんな経験からか、新学年の6月というのは、我が家ではちょっとした鬼門でした。

もし、初めての環境で、なんだか様子がおかしい・・・そう感じたら、親はどうしますか?
何か学校であった?
そう子供に聞いても、『あのね・・・』と素直に答える子はいないのではないでしょうか。

当時、私はそれほど息子のことを心配しておらず、会話もとりたててありませんでした。本来なら男の子がお母さんに相談するようでは、ちょっと問題アリかもしれませんが、親は目をむける・アンテナを張っおくことが大事なだったのかなと思います。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None