11月20日に大阪で家庭教育相談士養成講座を受けてきました。

この講座は、家庭教育推進協会が、おこなっているものです。まだまだ新しい試みなので、今回で3回目。
この12月には本格的に資格化がスタートします。
くわしくは、コチラ→家庭教育推進協会

朝10時~16時半までという長時間でしたが、これがあっという間だったんですよ。
ちょっと内容を書いておきますね。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
第三回 家庭教育相談士養成講座(関西)

日時 12月20日(日)
    10時~16時半

場所 大阪福祉会館(谷町7丁目)

講師:家庭教育推進協会カウンセラー
     阿部先生・坂下先生

今回の参加者は、復学支援を受けたお母さんや、実際に協会に相談されている方が集まりました。
復学支援を受けると、色々わが子にあった方法を教えていただき、実践をします。それも1年以上という方が多いです。すると、『門前の小僧習わぬ経を読む』ではありませんが、まったくの素人だった母親でも、色々とわかってくることがあります。

実際に自分が支援の先生に聞いてもらってうれしかった気持も知っています。そんな経験を持った親が自分の子どもが終わったらそれで終わりというのはもったいない。ぜひそのスキルを体系化したいと考えて始まったという面もあります。
実際に私自身も話を聞くのが上手になりましたよ。

もちろん、心理学の勉強を専門的にしたわけではありません。それでも実際に目の前に子供の不登校で困っているお母さんがいれば、ほおっておくことはできません。だって、あのつらい気持ちはみんな一緒ですから。

勉強をすると、私自身の欠点も見えてくるものです。
娘の対応で、すぐに自分の意見をいいたくなるのが、私の欠点です。だた聞くだけでいいんだということをなかなか身につけることができませんでした。まだまだ、これからの課題ですね。

講座は、後半では実際のロールプレイイングもやりました。
3分間、話を聞くという課題に、やっぱりついついこちらから話をしてしまいそうになる自分がいました。相談者よりたくさんしゃべっているようじゃあ、まだまだです。

協会の講座の後は、お決まりの懇親会。もうこれは、関西のノリで、会場で参加者の方をお誘いし、先生方もお誘いをさせていただきます。都合のつかない方もおられましたが、当日初対面の方も快く参加してくださり、嬉しい限りです。

先生方にいたっては、日曜という休日出勤?にも関わらず、懇親会にも参加くださり、みんなで大いに盛り上がりましたよ~。
今回は、FHEの藤本先生が講座に参加くださり、懇親会にも顔を出してくださいました。
相変わらず、忙しい様子をちょこっと垣間見せてもらい、みんなで応援しておきました。
今、不登校でがんばっているご家庭のために東奔西走の先生でした。

阿部先生は、普段は関東を支援されている先生なので、ちょっと関西のノリで失礼なことがあったかもしれません。そのへんはご容赦くださいね。

坂下先生は、みるたびにスーツ姿が板についてきます。よくとおるお声に前半はマイクなしで美声をきかせてくださいました。どの先生もお忙しい方なので、つかの間でもお元気な様子を見せていただき、貴重な一日になりました。ありがとうございました。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None