中学校との話し合い

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

中学校との話し合い

中学校から一度ご両親と相談したいとの連絡がありました
夕方、父・母で中学校へ行きました。
学校側は、教頭・担任・国語担当・英語担当の先生方です

この時点で親は原因は何だろうと思うばかりで、どうすればいいのか見当もつきません
でもまだ軽く考えていました

先生方からのお話は

 授業中にパニックを起こすことがある
 都合の悪いことに耳をふさぐジェスチャーをする
 嫌なことはやりたくない
 『がんばれ!』も悪口に聞こえる
 隣の席の子が、「今ここやってるよ」と教えてくれても「うるさい」「だまれ」などと言う
 『〜しなさい』と言われると拒絶反応をおこす

先生方もどう対処すれば良いかわからず今回の相談となったようでした

これからどうすれば良いのか、どう対応すれば良いのか
これが先生方が一番知りたいことだったのだと思います。
 何がしんどくて
 何をしたらいいか?

子ども家庭センター(公立)での相談をすすめられました。
親の私たちも、何も手立てがなくお願いしました

この時期は悲しいばかりで、息子のことを話すと条件反射のように涙がでて、冷静には話せませんでした。
でも息子が一番つらかったのだと思います

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。