『家庭教育相談士スキルアップ研修&懇親会』に参加してきました

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

『家庭教育相談士スキルアップ研修&懇親会』に参加してきました

1248dfa27c3bf4b217a8efd3ce8dd7c9_s.jpg

ちょとご無沙汰してしまいました。

気づくともう5月も終わりです。
先日、家庭教育推進協会のセミナーに参加してきました。

昨年の12月に『家庭教育相談士』の資格を習得し、その実技研修です。
その内容と、その後の懇親会の様子もお伝えしますね。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ
今回の研修は、15時からとちょっと余裕のある始まり時間でした。
2時間という短い時間でしたが、内容は濃かったですよ。

相談士と相談者役にわかれて、ロールプレイングを行いました。

実際に話をしているのを横で見ていると、色々なことがわかります。
相手の話を聞き、相づちを打つタイミングや聞き方も、人によって違います。

私は、つい話しすぎてしまうきらいがあるので、じっくり相手の話を聞くというのが大事ですね。

もちろん、私も実践に挑戦しました。

相談士役をして、思ったのは、
相手の話を聞き、つい解決方法を探してしまう自分がいました。
そうではないんですよね。大変なら、大変だったねと共感してあげることが大事と勉強させてもらいました。

相談者として、話をすると、あることに気づきました。
深刻な問題であればあるほど、なんだか軽く話してしまうクセがあるようです。
別にふざけているわけではないんですが、なんだかあまり深刻に話しても相手に悪いなとつい思ってしまうようで。
ややこしい性格ですね。

まだまだの新米相談士なので、これから勉強です。
912c6990e9f163b729ecc37efc70e9cd_s.jpg

その後家庭教育推進協会主催の懇会がありました。
上野先生・藤本先生・佐藤先生・坂下先生が参加という豪華さ!
親御さんも合計12名の参加がありました。
今回は、大阪だけでなく名古屋・滋賀・和歌山といろんなところからの参加でしたよ。

支援真っ最中という方から、支援を卒業した者、支援を考えている方までといろんな状況の親御さんが集まりました。

たまたま、支援を検討中という方のお話を伺うことがありました。
一生懸命子どもさんのことを考えて、方法を探しておられる方で、きっと見知らぬ場所への参加も躊躇されたと思います。
でも、それを超えて、子どもさんのために参加してくださったのが素晴らしいです。

そんな方に坂下先生がお話していた言葉が印象的でした。
『不登校で苦しんでいない子どもはいません。そんな子どものために、親は何ができるのか。
待つのがいいのか、適応教室がいいのか、フリースクールがいいのか、病院にいくべきなのか、復学支援がいいのか。
どれが正解なのかは、わかりませんが、それを選ぶのが親の役目です。』

親が選ぶことを放棄することはできません。
我が家は、学校へ戻すことを選びました。そして、主人と気持ちを一つにして支援の先生にお願いしました。
そして、支援の先生は、そんな親御さんの信頼があってこそすべてを背負って動いてくださるんですね。

支援の先生方はみなさん、登校させることは簡単だといいます。
でも継続させることが大変なんですよね。
我が家も、どれだけこけたことか・・・

でも、そのこけた時の対応を親も学ぶことで家族で変わっていけるのかもしれません。

現在不登校で道を探している方は、一度家庭教育推進協会へ電話(初回無料)してみてくださいね。
コチラ→家庭教育推進協会HP


スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。