訪問の先生−6

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

訪問の先生−6

訪問のM先生とN先生がこられました。

早朝(午前3時頃)に息子が吐いていました。
昨日の緊張からでしょうか?
登校の不安からでしょうか?

夜、藤本先生にうかがいました。
母 「再登校の初日は大丈夫だと思うのですが、週明けの月曜日が心配です。
   又昨日のように吐いてしまうかもしれません」
先生「吐く子はよくいますよ。
   それでも、がんばって行けた喜びも教えていきます。」
母 「学校の勉強についていけるのでしょうか?」
先生「2桁の掛け算も怪しいです。学校側は特別支援でしたいようですね。
   でも、普通にできる力も見えてきています。
   もう少しがんばらせたいと思っています。」

息子の不安を訪問の先生方が受け止めてくれています。
そのおかげで、あまり親には言ってきません。

本当にこの時期息子にとっては一番揺れ動いていた時期だとおもいますが、ほとんど記憶がありません。
それほど訪問の先生方が上手に息子の心理面でのフォローもしてくれたのだなぁと感謝です。

もちろん親の私も不安は一杯です

幸いなことに、平日の日中は仕事でしたので考える暇もありませんでした。
それでも、ふとした拍子に不安が出てきます。

それを夜、藤本先生に電話で話させていただき、解消していただきました。

スポンサーリンク

 
 カテゴリ
 タグ
None

コメント (0)

コメントを書く

 

 非公開コメント ()

トラックバック (0)

Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。