家庭教育推進協会のカテゴリ記事一覧

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

カテゴリ:家庭教育推進協会

家庭教育推進協会のカテゴリ記事一覧。中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!
No Image

2013-04-30家庭教育推進協会
4月29日に、ペアレンツキャンプの水野達朗先生の講演会に参加させていただきました。家庭教育推進協会主催です。くわしくは、こちらを(家庭教育推進協会)親御さん・教育関係の方44名+先生方・スタッフの方、あわせて50名ほどでした。参加者は、関西の方が多いのはもちろん、名古屋・滋賀からも、そして北海道からもご夫婦で参加されている方もおられました。関東からも、ティカさん・よつばさん・アールグレイさんが駆けつけて...

記事を読む

No Image

2013-04-23家庭教育推進協会
講演会のお知らせ【「ころんでも立ち上がれる子」はあなたが育てる】日時 平成25年4月29日(月曜・祝日)   時間 14時〜16時半(受付 13:20より)場所 大阪府教育会館 たかつガーデン3F    (近鉄上本町駅すぐ)参加費 会員  1000円    非会員 2000円講師 家庭教育推進協会理事   家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表 水野達朗 主催 家庭教育推進協会申込み 家庭教育推進協会イベント案内2次...

記事を読む

No Image

2012-04-25家庭教育推進協会
ぷらす・エール質問会の様子の第二弾です。今回は、きのこさんに記事として書いていただきました。〜〜〜〜〜〜〜藤本先生の質問会は、今まで教えてくださったことのおさらいプラス「なるほど〜」ということまであり、とても勉強になりました。パッシブという対応があります。(造語だそうです)我が家は基本としてパッシブ対応を使うときは、病気でもないのに学校を遅刻したり休んだりした時です。(無理に聞き出さない、悲しい対...

記事を読む

No Image

2012-04-18家庭教育推進協会
3月31日に行われた、ぷらす・エール懇親会の質問会の様子です。今回は、藤本先生が参加してくださっていたので、先生への質問会という形にしました。事前にいくつか聞きたいことをみなさんからいただいて、それを答えていただくという感じでした。おおまかな様子は、以前の記事(ぷらす・エール西日本懇親会ご報告?)でご紹介しました。その中で、実際に質問された方へ記事として書いていただくことをお願いし、快くOKいただきまし...

記事を読む

No Image

2012-04-02家庭教育推進協会
3月31日にぷらす・エールの懇親会を行いました。今回参加は、親御さん20名と藤本先生。難波のパスタ屋さんで、スタートです。今回は、きのこさん・ちーこさんが大活躍!集合時間の5分後には、全員集合でした。(素晴らしい)その場で、会費を集め、きのこさん手作りのネームカードに各自記入し、いちごぷりんさんが仕上げて完成。素晴らしい連携プレーです。お店へ移動し、しばらくして藤本先生登場です。先生のご様子は・・・・内...

記事を読む

No Image

2012-03-25家庭教育推進協会
前回の記事にきのこさんからもコメントをいただいたように、3月31日に懇親会をします。そこに至るまでのあれこれを聞いてもらえますか?去年も、この時期に懇親会(おめでとう会)をやったので、そろそろやりたいね〜という声が聞こえはじめます。もちろん、一番期待していたのは私です(笑)「懇親会をしたいという声が上がっているのですが・・・」と先生に聞いてみると、FHEの親の会ではなく、みんなで(ぷらす・エールで)...

記事を読む

No Image

2012-03-08家庭教育推進協会
ぷらす・エールの懇親会にたくさんの方が参加を希望してくださいました。本当にありがとうございます。なかには、支援開始直後の方も興味をもっていただき、まだまだ不安がいっぱいの中で勇気を出してくださったことが素晴らしいです。関西は、明るい(にぎやかな?)方が多いので、楽しい気持ちを持って帰ってくださったらうれしいです。みなさんにメールを送り、お返事をいただき、ほぼ人数が出てきました。お知らせメールに、は...

記事を読む

No Image

2012-02-26家庭教育推進協会
先日、突然に懐かしい方から電話がかかってきました。今子育て真っ最中で、ものすごく頑張っている方です。携帯電話の名前表示が間違いかと思うくらいびっくりでした。普段なら、仕事に行く前で大慌ての時間ですが、その日は休み。午前中の早い時間で終わる予定が一つあるだけでした。まるで、それを知っているかのように電話をしてみようと思ってくださったのが嬉しいです。で、急きょランチをしに奈良までドライブに行ってきまし...

記事を読む

No Image

2011-12-11家庭教育推進協会
第10回家庭教育推進協会のセミナーに参加してきました。今回は、【思春期の子育てに「負けない」交渉術】FHEの藤本先生が講師をされるセミナーは、難しいお勉強のお話でも、つい笑いが起こる不思議さで。『もう、あんた何言ってるのよ〜』と普段私達が子どもに使っている言葉をあの先生が大真面目で使ってくれるのですから今回のテーマは、交渉術。子育てに交渉って不謹慎ですか?私はそうは、思いません。もちろん子どもの年齢に...

記事を読む

No Image

2011-11-30家庭教育推進協会
今回は、セミナーのご紹介です。【思春期の子育ての「負けない」交渉術           〜あなたの子育て交渉力は?〜】日時 2011年12月10日(土)   13:30〜16:30場所 大阪府教育会館たかつガーデン カトレアA会議室    〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号    近鉄上本町駅から徒歩約5分主催 一般社団法人 家庭教育推進協会講師 藤本 琢申し込み 協会ホームページより     (携帯では、...

記事を読む

No Image

2011-09-19家庭教育推進協会
以前にお知らせしていた、ぷらす・エール(家庭教育推進協会親の会)の懇親会が無事終わりました。今回、連絡役をさせてもらっていろいろ勉強させてもらいました。お店の調整役は、ふーみんさん会計は、ちーこさん・きのこさんと皆さんプロ並みの仕事ぶりでした。親御さん17名協会から先生方3名(上野先生・藤本先生・西原先生)総勢20名で、楽しいひと時を過ごさせていただきました。集合場所を駅のコンコースにしたのですが、な...

記事を読む

No Image

2011-09-07家庭教育推進協会
今日、関西地方は久ぶりの晴天でした金曜日くらいから台風の接近で天気が怪しかったので、5日ぶりくらいの晴れです。息子も土曜日は台風の影響で学校は警報が出てお休み。今までは、息子自身は何も考えず、私がやきもきしながら確認するということを繰り返していました。今年はそういう意味では楽でした〜『風の警報が出たら休みだって』←暴風警報という言葉を知らない当日の朝、息子にどうなったのか聞くと?『友達にメールしてみ...

記事を読む

No Image

2011-06-14家庭教育推進協会
6月12日、第7回家庭教育セミナー(大阪)がありました。FHEの藤本先生が講師です。(主催は家庭教育推進協会です)『思春期の親のポジショニングとは〜思春期の問題行動への対応法〜』同じセミナーを東京でもされるということですので、詳しい内容はひかえておきますね。私達は、「思春期」という言葉をよく使いますが、実際にはいつから始まって、いつ終わるのかは難しいです。1口に思春期といっても、中学生と高校生では違い...

記事を読む

No Image

2011-06-01家庭教育推進協会
わが家が、お世話になっているファーストホームエデュケーション(FHE)の藤本先生のセミナーがあります。もう皆さんご存知ですね。(家庭教育推進協会主催です。)『思春期のポジショニングとは〜思春期の問題行動への対応法〜』協会主催のセミナーは、関東・関西でそれぞれ3回実施されています。今回は、大阪で4回目です。(6月12日)どの回も、たくさんの気づきをもらいました。今日、事務局の先生に伺ったところ、人数枠は埋...

記事を読む

No Image

2011-04-17家庭教育推進協会
今日、家庭教育推進協会の会報「ぷらす・エール」が届きました。今年の1月にあった、協会の新年会には残念ながら参加できませんでした。(入院中だったから)そんな経緯もあって、協会のHPのお知らせで会報のことを目にし、待ってました〜という感じです。上野先生のご挨拶があり、我が家もお世話になった、訪問のS先生の紹介があり、先生のプロとしての素晴らしさは実感している我が家ですので、そうそう〜とうなずきながら読みま...

記事を読む

No Image

2010-09-25家庭教育推進協会
家庭教育推進協会の第4回セミナーに参加させていただきました今回は、私がお世話になっているFHEの藤本先生の講義です。 『思春期の子に必要なもの〜自己肯定感を家庭で養おう〜』前回のセミナー(家庭教育のお勉強)との2回連続セミナーです。今回は、前回より人数が多く大盛況でした。大阪は朝から大荒れのお天気で、朝には竜巻注意報というはじめて聞くような注意報が出ていましたそんな中、皆さん全員出席で滋賀や広島から...

記事を読む

No Image

2010-09-20家庭教育推進協会
18日に、家庭教育推進協会主催の講演会に参加させていただきました。今回は、エンカレッジの代表カウンセラーの上野先生の講演でした。少し早めについたので、ほぼ一番乗り〜でしたよ。上野先生はもちろん、事務局長の西原先生と協会のスタッフの方が準備中のところへ押しかけた私たちでした。一人、女性の方がおられ、スタッフの方かと・・・なんと司会役の方でエンカレッジの卒業生の方でした。35名前後の方がこられていて、ほぼ...

記事を読む

No Image

2010-08-24家庭教育推進協会
8月22日、家庭教育推進協会の第三回セミナーに参加させていただきました。今回は、藤本先生の講義形式。思春期の子供への対応をもとにしたお話は、とても参考になりました。お話のあちこちに、これは、あの時に教えてもらったこことだ〜うちの息子には、こんなふうに話すようにと聞いたのは、このことだったのかぁ。うちの場合なら、こういえばよかったのかな?といろいろ気づかせてもらいました。今回のお話は、命令・提案・家...

記事を読む

No Image

2010-06-01家庭教育推進協会
家庭教育推進協会の関西セミナーに参加させていただきました。実は、関東セミナーにも参加させていただきました。先生方、ありがとうございました。で、両方のセミナーに参加した身として、セミナーの進化の様子を。もちろん、先生方の講演の内容は、同じ趣旨のものでした。それでも、随所に先生方や協会スタッフの方々のご努力がありました。受付は、スムーズにいったと思いますが(ふーみんさんと私でお手伝い)、スタッフの方は...

記事を読む

No Image

2010-04-28家庭教育推進協会
4月25日に、家庭教育推進協会 のセミナーがあり、参加させていただいきました。今回のセミナーの開催は東京。普段なら、参加は難しいところです。しかし、このお話を聞いた時、思ったのは、このセミナーと同時にブログのオフ会ができないか?ということでした。普段、このブログを通して、お話しさせていただいている方々は、エンカレッジ・ペアレンツキャンプ・FHEで支援を受けた方もたくさんおられます。そして、なぜか関東方面...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

講演会 「ころんでも立ち上がれる子」はあなたが育てる〜ご報告

4月29日に、ペアレンツキャンプの水野達朗先生の講演会に参加させていただきました。
家庭教育推進協会主催です。
くわしくは、こちらを(家庭教育推進協会)

親御さん・教育関係の方44名+先生方・スタッフの方、あわせて50名ほどでした。
参加者は、関西の方が多いのはもちろん、名古屋・滋賀からも、そして北海道からもご夫婦で参加されている方もおられました。
関東からも、ティカさん・よつばさん・アールグレイさんが駆けつけてくださいました
水野先生のお仕事関係の先生方や来賓の方もおられ、いつもの協会の講演会とは一味違う雰囲気がありました。
親御さんも、ペアレンツキャンプ・エンカレッジ・FHEとそれぞれの機関のクライアントさんや協会のクライアントの方々といろいろでした。

講演は、今回出版された水野先生の著書「ころんでも立ち上がれる子はあなたが育てる〜小学生が悩む「学校が怖い」「学校へ行きたくない」の正体」の内容をもとに、家庭教育の重要性を講演してくださいました。
内容に関しては、書籍の感想記事をまた後日書かせてもらいます。それまでご容赦を

水野先生といえば、関西弁での軽快な話口調が特徴だとひそかに思っているのですが、参加された皆様はいかがでしょう

水野先生の講演は、前半40分・後半40分でしたが、時間を感じさせない内容でした。
水野先生の書籍販売もあり、講演中も、みなさんの視線が正面から離れることがないほど、熱心に聞いておられました。

その後、カウンセラーのS先生から新しい事業の紹介があり、終了となりました。
そうそう、上野先生の御本の増刷が決まったと報告されていましたよ


講演終了後、2次会も恒例です。
2次会はぷらす・エール主催ということで、ふーみんさんが仕切ってくださいました。

親御さん27名+先生方6名・スタッフの先生3名の大所帯となりました。
飲み放題・食べ放題で2時間3600円はいかがだったでしょうか。

ぷらす。エールの2次会は、いろんな機関の人と話せるのが魅力です
今回は席替えすることなく、時間がたってしまって、ちょっと残念でした。
次の機会には、ぜひ!・・・ね





今回の講演会の裏話をしちゃいます
なんと、司会という大役をいただいてしまいました
それも、講演会3日前に

もちろん、司会用のアナウンス原稿があってのことですが、常日頃司会を仕事としているわけではないので、生半可な気持ちでやると、頭が真っ白になって話せなくなります。
せっかくの水野先生の出版記念講演会なのですから、きっちりと成功させたいですよね
その一端が担えるのなら、嬉しい限りです

実際問題として、原稿があっても読みこなすだけでも大変。
そして自分の言葉で話をしようと思うと、それを覚えないとうまくいかないものです。
記憶力がまだ働くかと心配しましたが、なんとか・・・
原稿を声を出して読み、それを紙に書き、また読む。それの繰り返しです。
本番まで2日間。何回読んだかわかりません。「家庭教育推進協会理事 水野達朗出版記念講演会」このフレーズは、もう忘れることがないように思います
(御本の題名と長い副題には手こずらされましたが

8割方、頭に叩き込んだのですが、来賓の方の紹介などは間違えると失礼になるので、水野先生の講演会の成功のためにも、2割のミスをなくすために原稿を手に持ってすすめました。
先生のお話の邪魔をすることなくお役にたつことができたでしょうか

講演会を開催するために、裏方で頑張っておられるN先生のすごさも見せてもらいました。
私がいただいた司会原稿は、A4に3枚程度ですが、これだけの文章を考えるのは至難の業です。
まして、来賓の方の紹介文には細心の注意が必要ですしね。

通常業務の後に作成されたのでしょう。
当日のスケジュール・講演会のタイムスケジュール・打ち合わせ・受付や物販の案内用の札から準備まで。
そのご苦労の一端をみせてもらいました。
いつもありがとうございます。

講演開始までは、やだな〜・緊張するな〜といろんな人に愚痴っていた私ですが、こうして終わってみると、とても素晴らしい経験をさせてもらいました。
そんなチャンスをくださった先生方に感謝です




今回の講演会に参加された方々の記事です

ぶにん先生のカウンセリングルーム

クッキーさんのブログ

くるみみるくさんのブログ

よつばさんのブログ



なんだか、記事の内容が微妙にズレてしまいましたが、
水野先生の御本の出版記念講演会だったので、リンクを貼っておきます。
ぜひ、一度読んで見てくださいね
(私も、今読んでいます)
「ころんでも立ち上がれる子」はあなたが育てる―不登校の小学生が悩む「学校が怖い」「学校へ行きたくない」の正体
水野 達朗
牧歌舎




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
 カテゴリ
 タグ
None

「ころんでも立ち上がれる子」はあなたが育てる〜講演会のお知らせ

講演会のお知らせ

【「ころんでも立ち上がれる子」はあなたが育てる】

日時 平成25年4月29日(月曜・祝日)
   
時間 14時〜16時半(受付 13:20より)

場所 大阪府教育会館 たかつガーデン3F
    (近鉄上本町駅すぐ)

参加費 会員  1000円
    非会員 2000円

講師 家庭教育推進協会理事
   家庭教育支援センターペアレンツキャンプ代表 水野達朗
 
主催 家庭教育推進協会

申込み 家庭教育推進協会イベント案内


2次会

時間 講演会終了後〜2時間程度

場所 志なのすけ 上六店

会費 3600円前後


もうみなさん、ご存じですよね
ペアレンツキャンプのぶにん先生こと水野先生の講演会です。
協会のN先生にうかがったところ、まだ空きがあるとのこと。

水野先生に「ブログでご紹介させてくださ〜い」とお願いしたところ、
「満席にしてしてやってください」との力強いお返事が
今回の御本は小学生向けのようですが、
もちろん中学生・高校生の親御さんにも勉強になるお話が聞けることと思います

2次会は、ぷらす・エールで手配します。
協会の先生方もご参加いただけそうですよ

協会会員以外の方も参加OKです。
子どもさんのことで、道を探しておられる方、
知らない会への参加はハードルが高いかもしれませんが、子どものことで悩む辛さにくらべると全然平気ですよ。
この一歩が、新しい道へ続いているかもしれません。

ぜひ2次会まで、参加ください。




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります
講演会に、関東から参加の声も聞こえていますよ
 カテゴリ
 タグ
None

ぷらす・エール質問会〜その?

ぷらす・エール質問会の様子の第二弾です。
今回は、きのこさんに記事として書いていただきました。


〜〜〜〜〜〜〜


藤本先生の質問会は、今まで教えてくださったことのおさらいプラス「なるほど〜」ということまであり、とても勉強になりました。

パッシブという対応があります。(造語だそうです)
我が家は基本としてパッシブ対応を使うときは、病気でもないのに学校を遅刻したり休んだりした時です。
(無理に聞き出さない、悲しい対応という感じでしょうか)

最初の頃は私自身、子供がその対応に冷たさを感じるのでは?と不安でした。
でも学校に戻りたい、頑張っていきたいという意志が子どもに強く働いてからは、それが大切になってきました。
我が家に限っていえば、パッシブ対応により、子どもに自分で考えるという力がついていったように感じています。

質問会で、ネガティブ発言への質問がありました。
親の反応を試してるような「もうこの世は終わりだ」などの漠然とした不安からくるネガティブな発言への対応はどうすればいいのか。
今回の事例(小学生・登校前)では、パッシブを使うといいと私は思っていました。
しかし、先生からの答えは、『笑って聞く』でした。
目からウロコでした。
ゆったりと笑って「ふ〜ん」と聴く、
「マ〜ジで?」と笑って聴く。
(そんなことが不安なのか。大丈夫だよという感じでしょうか?)

いちいち説明しないで、親が笑顔で、『大したことじゃないよ』とどっしり受け止めて動じない強さを子どもに見せることで、子どもも安心して悪い方に考えなくなるということかと私は思いました。
ネガティブに引きずられない、ということですね。
ただし、『バカにしたような笑いではダメ』と。
常にあなたが大切だという思いをもって。


オンラインゲームについての質問がありました。
うちの息子もオンラインゲーム、PS2、PSP、アニメ、YouTube、テレビなどに寝ないで過ごしている事もあります。
うちは基本は一切制限をかけていません。
支障が現れたら、制限を考えるということで藤本先生と相談し、制限なしでスタートとなりました。

ゲームもアニメも、今は私と息子を繋ぐアイテムです。
「どんなゲームなの?」「あのアニメおもしろいね」
一緒にゲームをするわけではありませんが、興味を持って質問し話を聴くことで、学校や将来などについても自分の考えていることを話してくれるようになりました。

徹夜でゲームをして、起きれずに学校を休んだことが数回ありました。
それでも、自分で考え反省して、繰り返すことはなくなりました。

思春期になると親の愛情表現は、スキンシップをとる事から、信頼する事に変わってくるというのを支援で教えて頂きました。
ゲームも勉強も「あなたを信じて任せるね」の姿勢で息子に接しています。

ただ、年齢や状況により、対応が変わってきます
家庭により微妙に違うのは、先生方からみてゲームに制限をかけることは、どっちがリスクが多いか少ないかを分析されての事だと感じました。

進級、受験など乗り越えなければいけない事がある。
クラスの友達とオンラインでゲームしている。
勉強で、考える以上に負担がかかっている。
など、家庭によって違う状況をリスクを見極めながらどうしていけばよいかアドバイスをくださる支援の奥深さを感じました。


復学支援は、無理矢理学校に戻すという印象が強いかも知れませんが、学校に戻るのが最終目標ではありません。
私の息子は高校に入り夢を持ちましたが、思ったクラスに進級できなければ、学校を辞めてその夢は諦め、自衛隊に入り資格をとる道を選ぶと親に言ってきました。

私達夫婦はその道もありだと思い、「わかったよ」と返事しました。
その時、怖いのは学校に行けなくなるということだけではなく、全く動けない状態になるという事だと思いました。
動き出すために子どもが違う道を選んだその時にこそ親は、子どもを受け止め、見守り、信じてやることが大切だと。

今息子は思ったクラスに進むことができて、元の夢を目指しています。
復学支援とは…社会にでて自立した人間になる為に、成長する場所として学校を選んだ。
学校は通過点だと考えれば復学してから、そしてその後に対しての視野も広がるかもしれないと深く考えます。


私の捉え方として書かせて頂きました。
先生の思いや、皆さんの捉え方とかけ離れているかも・・・。
参加された皆さんは、どう感じられましたか?

藤本先生、参加してくださった皆さん。有意義な時間を与えてくださったこと深く感謝致します。

書く機会を私にくださったちゃろさん、また長文をお読み頂いた皆さん。
どうも有り難うございました。

〜〜〜〜〜〜〜





【関連記事】

ぷらす・エール西日本懇親会 ご報告?

ぷらす・エール質問会〜その?

ぷらす・エール質問会〜その?(本記事)







にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう
うちの息子もネガティブちゃんになることはよくあった。でも、年々減ってきた(^.^)

 カテゴリ
 タグ
None

ぷらす・エール質問会〜その?

3月31日に行われた、ぷらす・エール懇親会の質問会の様子です。
今回は、藤本先生が参加してくださっていたので、先生への質問会という形にしました。
事前にいくつか聞きたいことをみなさんからいただいて、それを答えていただくという感じでした。

おおまかな様子は、以前の記事(ぷらす・エール西日本懇親会ご報告?)でご紹介しました。
その中で、実際に質問された方へ記事として書いていただくことをお願いし、快くOKいただきました。
ありがとうございます。

今回は、くるみみるくさんからの報告です

〜〜〜〜〜〜〜

:オンラインでゲームをしている息子は、家族と夕食をとることが、ゲームのためにほとんどなく、それがあたりまえのようになってしまっています。


先生:オンラインゲームは勝手にそこから1人「ご飯の時間だから、さようなら」とはいきません。仲間と戦ってるのですから。

:はじめは声を掛けてオンラインが一区切りつくのを待っていたのですが、あまりにも遅く他の家族が待てなく1人別になっていきました。最近では作った夕食も嫌なら手を付けずインスタントのものを作って食べています。

:それは嫌ですね。登校はどうですか?

:学校にはちゃんと行っています。

:各家庭でここは譲れないというものがそれぞれあります。
家族で夕食を取るということでガンと出てもいいでしょう。
ですが、それによって、安定しているその他のことが、崩れることがあります。
何が大切であるかを十分考えます。
この場合、【登校】と【ゲームへの規制】という二つを天秤にかけるということです。
ゲームの規制というおもりがかかったために登校の安定がくずれることも考えられます。
そこのところをよく考えて、守らせたいことを天秤に乗せて、今の状態でそれだけの負荷がかかっても大丈夫かを見極めることが大事です。


復学して1年3か月、一見、登校に関して安定しているように思っていました。
しかし、先日特に大きな問題も見あたらない中で休みはじめ、不登校初期と同じ症状を訴えはじめました。
この時は、すぐに支援の先生のコーチングで修正していただきました。

食事の勝手な態度には問題はありますが、我が家の場合、登校などの安定している生活と天秤にかけるほど、そのことは重要ではないのかもしれません。

しかしながら、
夕食を家族で食べるとか、
夕食の時間というのは決まっているのだということ、
あなたがやっていることは自分勝手なことなんだということ
これは感じるように接して行きたいと思います。
すべてを許しているのではないのだよ、本当は家族と一緒に食べて欲しいんだよとIメッセージで伝えていくことで対処していこうかと思います。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜

親は、一つうまくいくとあれもこれもと思ってしまいます。
子供にとって、今必要なことは何なのか?
そのあたりの見極めは、各家庭によって違います。
今回の質問会の内容で、我が家はどうだろう?と考える機会になればと思います。

次回、もうおひとり記事をいただきましたので、その掲載をします。
しばし、お待ちを





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう

 カテゴリ
 タグ
None

ぷらす・エール西日本懇親会 ご報告?

3月31日にぷらす・エールの懇親会を行いました。
今回参加は、親御さん20名と藤本先生。

難波のパスタ屋さんで、スタートです
今回は、きのこさん・ちーこさんが大活躍!
集合時間の5分後には、全員集合でした。(素晴らしい
その場で、会費を集め、きのこさん手作りのネームカードに各自記入し、いちごぷりんさんが仕上げて完成。
素晴らしい連携プレーです。

お店へ移動し、しばらくして藤本先生登場です。
先生のご様子は・・・・内緒にしておきますね

支部長のふーみんさんの開会の挨拶でランチスタートです。
今回は、食べているときはみんな忙しいので、まずおいしくいただきましょうと・・・
そのあとで、皆さんからの簡単な自己紹介をいただきました。
ここで、藤本先生からのリクエストが、『よかったことも言ってね』でしたね

2時間のランチのあと、2次会へ。
今回は、ランチ参加の方すべて2次会もOKという素晴らしさ
お店をカフェに移して、ここでは、先生への質問会という形にしました。
このカフェは、ガラス張りの個室を予約することができたので、ゆっくりお話しをきくことができました。
オーストラリアのコンセプトのお店で、イチゴプリンさんがオーストラリアコーヒーにチャレンジして、みんなの注目も的でしたよ
2次会から参加していただいた方もいました。2次会終了時点で、藤本先生は時間切れとなりました

そして、3次会は11名の親御さんの参加。
個室の居酒屋でいろいろ飲んで・食べて・しゃべって・しゃべって(笑)
今回は、2時間単位でお店を移動していたので、3次会が終っても20時前。
まだまだ、しゃべりたりない面々で、ラストのお茶へ。


関西での、懇親会は食べて・飲んで・しゃべってが大きい目的です。
ただし、今月は関東の懇親会も事前に行われていたので(ぷらす・エール東日本支部座談会)ちょっとマネをして、関西も質問会を組み込んでみました。

今回は、藤本先生が参加してくださっていたので、先生への質問を事前にメールで募集させてもらいました。
先生からも無茶振りOK(笑)とのことだったので、みなさんも色々聞きたいことがあったようです。
支援のこと、家庭教育のこと、先生ご自身のプライベートのことまで、色々・・・


当日は、すべての質問を取り上げることはできませんでしたが、
先生の興味を持っていることは?好きな食べ物は?家庭内の力関係は?小さい頃はどんなお子さんだった?いつ寝てるの?等々
聞いてみたかったようにも思いますが、時間切れで割愛しました。
(興味のある方は先生に直接聞いてくださいね)

質問を箇条書きにしてみます。
?先生のストレス発散方法は?落ち込んだ時のリカバリーは?

?次々の難関への、いつも前向きな姿勢はどのように維持するの?
これは、支援をしてこられた方々の頑張っている姿や子ども達の成長した様子の報告を聞くことが一番とのことでした。
皆さん先生方へ良いことの報告もしましょうね

?パッシブな対応の表現の仕方は?悲しいが冷たく映る
 その時の子どもの状況にも左右される。
 ただし、子どもからのネガティブ発言には、親が一緒に引きずられないように注意がいる。
 『もうこれから先何もいいことがない』などのようなものには、共感することはできない。
 ならば、どうするのか?等々

?ゲームへの対応は?
オンラインゲームの場合の、質問もいただきました。
ただし、ゲームのみに視点をあてるのではなく、全体を見て考える必要がある。
親は、注意したくなるが、本当に注意するべき時と、親の価値観の問題の場合とある。

?子どもが夕食時にゲームをしていて、一緒に食べない。

?ツイッターについて
藤本先生のブログでも書かれていた新しい試みです。(「伸びる子」育て

先生に答えていただいたことの詳細は、又記事にさせてもらいますね。
今回、初参加の方も3名おられました。
楽しんでいただけましたでしょうか。
参加していただいた皆様、どうもありがとうございました。
また、次回にもどうぞご協力くださいね





にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう
みなみさん・くるみみるくさん・ココアさんも参加されていましたよ


 カテゴリ
 タグ
None

もうすぐ

前回の記事にきのこさんからもコメントをいただいたように、3月31日に懇親会をします。
そこに至るまでのあれこれを聞いてもらえますか?

去年も、この時期に懇親会(おめでとう会)をやったので、そろそろやりたいね〜という声が聞こえはじめます。
もちろん、一番期待していたのは私です(笑)

「懇親会をしたいという声が上がっているのですが・・・」
と先生に聞いてみると、FHEの親の会ではなく、みんなで(ぷらす・エールで)と提案してくださいました。
前回、告知期間が短く、お仕事の都合のつかない方もおられたので、せめて一か月前には決めないといけませんね。

春休みに入っているほうが、みなさん落ち着いているかなという考えで、春休み中の土日で日にちを決めました。
今回は、受験生の親であるふーみんさんには、お休みしていただいて、当日頑張ってもらいましょう。
以前からお声をかけさせていただいていたきのこさんに一緒にお願いしました

日にちが決まったら、今度はお知らせを送らないといけません。
そこで、家庭教育推進協会の事務局長であるN先生に打診をし了解をいただきました。
私がメルアドを知っている方のお名前を先生に送り、それ以外の方へは先生からメールを送っていただきました。
(今回参加の方で、事務局からメールが届いた方は、ぜひ今度はメルアドを教えておいてくださいね。)
藤本先生からも、まだ初期の方は協会にも入っていないので、ぜひ参加させてあげたいね〜と

私は、PCでメールで送ります。このお知らせを送るようになって初めて、BCCの使い方を覚えました
一斉送信なので、本当に届いているのかなと心配になりますが、みなさんお返事をくださり一安心です。
今回、なんと一番の方は3分後にお返事が・・・。嬉しい瞬間です
中には、PCメールを携帯でははじく設定の方もいます。皆さんもう一度確認してね。

そして、詳細を18日に送り、この時点では受け取った旨のメールをお願いしています。
ほとんど、ここまでで私の仕事は終了です

きのこさんにお店のことをお願いしました。
前回は、ふーみんさんにお任せしてしまって、あまり知識のない私です
今回もきのこさんに話をふってしまって・・・・
きのこさん、本当にありがとう

ランチのお店を決めます。
個室がいいですよね。10人以下・20人以下の個室はいろいろあるのですが、20人〜30人という個室がなかなかなくて・・・
逆に40人以上になると、披露宴の2次会などの需要があるようで、いろいろありました。
最終候補にあがったのは、2件。
夜の雰囲気と昼の雰囲気のお店でした。
ランチなので、今回は昼の雰囲気のお店に。
これも、きのこさんが実際に難波にいってお店を見て決めてくださいました。
その実行力がすばらしい〜

次は、ランチのお店の近辺で2次会(カフェ)の場所をさがします。
もちろん、予約なしで、当日決めてもいいのですが、土日の難波はものすごく混むので、実際にあたりをつけておかないと、みんなでウロウロはこまりますものね。
ネットの検索で、探すこともできるのですが、実際に見てみないとわからない部分もあって、アナログな私でした

ド○ールやサンマ○クといった名前の知られているカフェや、大きな通りにある店は5人くらいならは入れても、10人以上となるとなかなか・・・

そこで、ねらい目は、横道にそれた2階にあるお店。
探せばあるものですね〜
「カフェ・ストリート」というところがあり、ワインバーだけどお昼も営業(カフェ)しているお店がありました。
なんと、予約もOK。
これはどうかなと思ったお店に、きのこさんは臆することなく、果敢に店長さんと「交渉」してくれました。
ランチ参加の方がすべて入れるお店を確保してきました。(みなさん参加してね。)
2次会から参加の方もいるので、こちらも楽しみです。

そして、3次会。
さすがに、これは早い時間(開店すぐ)なので、予約はいらないと思うのですが、これもあたりをつけてきました。
時間の許す方は、最後までぜひお付き合いくださいね。

今回、お店を考えることで、難波の町をいろいろ探検しました
目的があって、動けるのはなんだか、嬉しいですね。
また、違った楽しみを見つけてしまいました

さあ、後は当日皆さんが、楽しかった〜と思っていただけるかな?




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとう
ID登録画面がなぜ英語なんだ!日本語で書いてほしい・・・

 カテゴリ
 タグ
None

懇親会準備中〜

ぷらす・エールの懇親会にたくさんの方が参加を希望してくださいました。
本当にありがとうございます
なかには、支援開始直後の方も興味をもっていただき、まだまだ不安がいっぱいの中で勇気を出してくださったことが素晴らしいです
関西は、明るい(にぎやかな?)方が多いので、楽しい気持ちを持って帰ってくださったらうれしいです。

みなさんにメールを送り、お返事をいただき、ほぼ人数が出てきました
お知らせメールに、はっきりとした時間をかかなかったので、迷われた方もおられたと思います
ランチ→お茶→飲み会のフルコースを考えています。
都合のつくところから参加
都合のつくところまでの参加
で大丈夫ですので、検討中の方がおられましたら、ご連絡ください。

さ〜、いい店ないか探してきますね。(←今から
今回のお店担当は、きのこさん。
このお店がいいよという情報がありましたら、お知らせくださいね。

もし、ちょっと集まりは苦手なんだけど・・・という方は、事前に私に耳うちしておいてください

当日は皆様におまかせしますので、盛り上げていきましょう!







にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
いつもこっそりポチしてくれるあなたへ、ありがとうございます。
今日が息子のテスト結果発表。無事進級できるか?

 カテゴリ
 タグ
None

ぷらす・エール懇親会のお知らせ

先日、突然に懐かしい方から電話がかかってきました。
今子育て真っ最中で、ものすごく頑張っている方です。
携帯電話の名前表示が間違いかと思うくらいびっくりでした。
普段なら、仕事に行く前で大慌ての時間ですが、その日は休み。
午前中の早い時間で終わる予定が一つあるだけでした。
まるで、それを知っているかのように電話をしてみようと思ってくださったのが嬉しいです

で、急きょランチをしに奈良までドライブに行ってきました
大阪から奈良というと遠いように感じていましたが、結構近いことを発見でした。
何もできない私ですが、少しは元気が出たでしょうか。
後で、帰ってから昼寝ができたとメールをいただき、ほっとした次第です。

子どもの問題は、どの母親でも大きな問題です。
それでも、自分が倒れてしまってはいけません。
その方へも、しっかり寝て・食べてねとお願いしました

話しをする。
話しを聞く。
これだけのことに、大きなパワーがあると信じて、今子育てに頑張っている方へエールを送ります


さて、その一端になればと、家庭教育推進協会の親の会(ぷらす・エール)の懇親会を予定しています。
会員の方へは、お知らせメールを送っています。
現在までに12名程度の方から参加のお返事をいただいています

もし、会員なのにメールが来ていないという方や、
これから会員になる予定の方。
一度覗いて見ようと思われる方は、
このブログの【メッセージ】(PC画面左横のバー上部にあります)でお名前とアドレスお知らせください。


ぷらす・エール(西日本支部)懇親会

◆開催予定日時◆
2012年3月31日(土曜日)

◆開催場所◆
大阪 難波周辺

◆運営管理◆
ぷらすエール西日本支部長および副支部長

※参加希望のメールはなるべく3月10日までにお願いいたします。(10日以降も受け付けいたします)

たくさんの方とお会いできることを楽しみにしています




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
息子の学年末試験が近づいてきました。無事進級してくれ〜(汗)

 カテゴリ
 タグ
None

思春期の子育て交渉術〜(家庭教育推進協会セミナー)

第10回家庭教育推進協会のセミナーに参加してきました。
今回は、【思春期の子育てに「負けない」交渉術
FHEの藤本先生が講師をされるセミナーは、難しいお勉強のお話でも、つい笑いが起こる不思議さで。
『もう、あんた何言ってるのよ〜』と普段私達が子どもに使っている言葉をあの先生が大真面目で使ってくれるのですから

今回のテーマは、交渉術。
子育てに交渉って不謹慎ですか?
私はそうは、思いません。もちろん子どもの年齢にもよりますが、わが家のように子どもの年齢が高校・大学となってくると実際に交渉という言葉がピッタリの場面が多くなります。
子どもといえども、一人の小さな大人です。親があいまいなことを言っていたり力でねじ伏せようとしてもうまくいきません。

毎回セミナーは、関西・関東と同じ内容で開催されます。
今回は、関東からのスタートだったので、ティカさんやみかんさんのブログでちょこっとお勉強をしていった方も多かったのでは?
藤本先生も、『難しいと書かれていますがそんなことないですよ〜』と。
でも、やっぱり難しい・・・

内容がではなく、『〜の実現性を高めることがないものは?』と反する言い回しに頭がぐるぐるしちゃいました。
テスト形式だったのですが、これを最初にというのもうなづけます。頭が回転するうちでないとね。
でも、このテストで『できた〜?どうしよう』と言ってる方もいれば、『できてないけど、いいんだ〜。勉強だもん』と言っている方。捉え方も色々のようで

親の交渉のタイプと交渉のスタイルによって、とる方向も違ってきます。
本来、ビジネスシーンでの交渉であれば、勝つことをゴールとしますが、子育ての交渉には、負けることが必要な場面や、勝ちを譲る?場面があるということも。
受験期の子どもの場合は、学校へ行くという目標だけでなく、受験を乗り越えるという目標もあるので、子どものストレス度合を見極めて譲歩することも必要とのことでした。

子育てにおける交渉の考え方は、相手を言い負かせばいいわけではありません。
子の人格を攻撃することは×です。
そして、交渉をすることによって、プラスとなるカードをマイナスとなるカードを必ず秤にのせて考えることが大事です。

実際に子どもに話をしなければいけない場合があります。
わが家の場合は、娘に対して必要な場面が多いです。
いきなり話をしても、「だって・・・」「でも・・」と娘からは反発が返ってきます。
それに親としてきちんと答えられなければ、娘との交渉に負けてしまいます。

そんな我が家ですので、まず話をどんな方向にもっていくのか。
ポイントをいくつか作っておいて、そこを外さずに話すことができるように先生に聞きながら事前にシナリオを作ります。
今回の交渉力のお話は、その不備な点を教えてもらったような感じです。

まず、話を始める体制がとれるのか。
「ちょっと来なさい」で、子をその場に連れてくることができるかどうか。
話を始めて子がどんな様子をみせるのか。これを予測しておかないといけません。

娘へは、高校生の時に何回かチャレンジした結果、交渉の場にこさせることはできます。
話を聞いてこんな反応をするだろうという予測もたちます。
それでも、一手目は予測できても、その次に思いもよらない反発がでると親が言葉に詰まってしまうことがあります。
これも、今回のお話で先を読むことの不備があるためだろうと納得です。

先生方が、ダイレクトをされる時は5手目くらいまで読んでおられるそうです
親も心構えが必要ですね。まず子どもの目を見てといっておられたのが印象的でした。

目標をどこにおくのか
目標にかわる代案を何にするのか
子からの要求を即却下でなく一度受けることで効果をあげる
子への話をはっきり言うのがいいのか、暗に示した方がいいのか。
最初にペナルティをあげて、そこから交渉する効果
親に好意をもたせることで得る効果
勉強なら、親よりも『先生』からの言葉に効果が大きくなる場合
あいづちの打ち方によってもかわる効果

セミナーでは、以上のことを専門用語も交えてお話くださいました。
ここでは、私の頭の中で変換した言葉にしましたので、ニュアンスが違っているかもしれません。その場合は、ご指摘ください

ケーススタディとして、藤本先生から【受験生男子で3DSを欲しがっている場合】・【受験生でUSJにオールで行きたい場合】などの想定で、お話くださいました。
目標はどこにおくのか。
代案は何にするのか。
想定される反発は。
その対策は。
これに対して参加者が、うちなら・・・と答えた例をいくつか説明くださいました。

答は一つではありませんね。
目標が高すぎてうまく対策がたてられないなら、目標を少し変えてみることも大事と。
皆さん、その場で我が家なりの対応を心の中で考えていたことと思います。
そして、子どもとの交渉は、思いつきや勢いでするものではなく、必ず天秤にかけてみる。
プラスとマイナスの効果を考えて実行に移すことが必要としっかり覚えておきたいと思います。


今回のセミナーは、協会理事の上野先生・水野先生、そして西原先生・佐藤先生も来られていました。皆さんそれぞれの先生とゆっくり話せたでしょうか。
私?。もちろん、先生方を捕まえてお話させてもらいました。
大阪・和歌山・高知・兵庫・静岡・愛知と遠くの方もお越しくださり大盛況でした


2次会にも、先生方に無理を言って参加いただきました。そのあとは会議でしょうか。
セミナー会場付近の居酒屋で、スタートです。
何名か今回は残念ながら・・・という方もおられ、『次回は絶対ね』と勝手にお約束をしておきました
ぷらす・エール関西支部長のふーみんさんが、事前のお店の手配から当日の注文まで取り仕切ってくださいました。
今回は、最初の挨拶と乾杯の音頭もバッチリでした
きのこさんとちーこさんが、いつもの見事な手腕で会計を
ありがとうございます

私は、事前の皆さんのご連絡だけで、当日はあまりお役にたてずで
大テーブル2つと小テーブル1つの座敷でした。先生方は、途中で退席されその後席のチェンジも皆さん率先して行ってくださいました。
食べ放題・飲み放題で3600円は、ナイスですよね

2時間半ほどで、2次会はお開きに。もちろんその後3次会もあたったりして・・
10人ほどの方とお茶しにいきました。
最近ブログを始められたクッキーさんもこられていて、ブログ秘話なんかもいろいろ伺いました。
今回、リープルさんも参加くださっていて、私のブログを参考にしてくださったと嬉しい話も聞かせていただきました
いちごぷりんさんも2次会は参加されていて毎日頑張っている様子を聞かせてくださいました。
みなみさん・ココアさん・サブリナさん・ころんさん・くるみさん、感想はいかがだったでしょうか。

今回は、2次会参加19名・先生方5名の24名の参加でした。
参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。
次回も、たくさんの方をお会いしお話できるのを楽しみにしています






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
セミナーでリープルさん・サブリナさんにお土産までいただき嬉しいびっくりでした。どうもありがとう
ぶにん先生とブログ談議に花が咲きました。家庭教育でないところが・・・(汗)

 カテゴリ
 タグ
None

セミナーと二次会のお知らせ?

今回は、セミナーのご紹介です。



【思春期の子育ての「負けない」交渉術
           〜あなたの子育て交渉力は?〜】

日時 2011年12月10日(土)
   13:30〜16:30

場所 大阪府教育会館たかつガーデン カトレアA会議室
    〒543-0021 大阪市天王寺区東高津町7番11号
    近鉄上本町駅から徒歩約5分

主催 一般社団法人 家庭教育推進協会

講師 藤本 琢

申し込み 協会ホームページより
     (携帯では、うまく表示されないようです。パソコンからならOK)



先月、家庭教育推進協会主催のセミナーが11月6日にありました。
東京ということで、関西の私は皆さんのブログを見て、その様子を想像させてもらいました。
 ティカさんのブログ

 みかんさんのブログ

その同じセミナーが今度は、12月10日に大阪(上本町)であります!
FHEの藤本先生が講師をされます。

 藤本先生のブログ

なかなか、聞き応えのある内容だと噂が聞こえてきます。
つい最近我が家は、娘と交渉する機会があったばかりです。(←現在進行形
もう今すぐに聞きたい内容です。

協会事務局長に伺うと、まだ若干空席はあるそうです
興味のある方は、ぜひご検討ください。

そして、もちろん頭を使った後は、2次会を企画しています。
セミナー終了後、会場付近で2〜3時間を予定しています。(←まだ未定
もちろん、アルコール込みで(笑)

ぷらす・エールの会員の方には、2次会のお知らせが行っていると思います。
もし、聞いてない〜と言う方は、私が取りまとめをしていますので、このコメント欄でもメッセージ欄(パソコン画面の左バーの上方)でも、結構ですのでお知らせください。
(協会事務局へご連絡いただいてもOKです)

毎回、不登校を経験した方・家庭教育に興味のある方がたくさん参加してくださいます。
始めての方も、勇気をだして一歩踏み出してみませんか?
心よりお待ちしています




ぶにん先生のブログでも、セミナーの紹介をされています。
当日、ぶにん先生に会えるかも??




にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
息子は、テスト真っ最中!頑張れ!!


 カテゴリ
 タグ
None

ぷらす・エール(西日本地区)懇親会 ご報告

以前にお知らせしていた、ぷらす・エール(家庭教育推進協会親の会)の懇親会が無事終わりました
今回、連絡役をさせてもらっていろいろ勉強させてもらいました。
お店の調整役は、ふーみんさん
会計は、ちーこさん・きのこさんと皆さんプロ並みの仕事ぶりでした

親御さん17名
協会から先生方3名(上野先生・藤本先生・西原先生)
総勢20名で、楽しいひと時を過ごさせていただきました

集合場所を駅のコンコースにしたのですが、
なぜか、先生方は上野先生以外は現地集合?
休日の難波の人混みの中、無事にお店に到着。
本当にすごい人出でした。

パスタのお店で、ランチスタートです。
2時間ほどで先生方はタイムリミット。
そのあと、会議だということでした。
貴重な休日をつかっていただき、感謝です
親御さんも、みなさんそれぞれの時間の許す限り楽しくお話させてもらいました。

今回、参加された方すべてが不登校を経験した親御さんです。
昨年は、不登校真っ最中で辛い時期だったかたも、今回笑顔で参加してくだりいろいろな想いを聞かせてもらいました。
支援を検討中の方もおられました。
まだまだ不安の多い中での参加、よくぞ決心してくれたという感じです

周りの知り合いに相談しても、大丈夫と気を使って言ってくれるけど、本当にそうなのか?同じ道を通って少し先を歩いている私達には痛いほどわかります。
この会も、将来は道を探しておられる方に少しでも情報提供できるお手伝いができればうれしいですね。

懐かしいお顔を見せてくださったかたもいました。
今年受験生も何人か・・・
高校生になった方
中学生でがんばっている方
小学生の方
皆さん、少しずつ違いますが、経験してきた想いは同じですね。


ランチからスタート、そのままお茶で、2次会へ
今回は、9名で2次会です
最後に場所替えしてお茶でしめくくりました。
最後まで付き合いいただいたふーみんさん・ちーこさん・きのこさん・みなみさん・海ちゃん・Oさん
ありがとうございました

今回、『そういえば、最初の言葉ってなかった・・・』と最後になって気づきました
なんだか、後から反省もいっぱいです。

今後のために、参加いただいた皆さんからのご意見をいただけたらとってもうれしいです。
9月の18日というのが、ちょうど体育祭と重なった地域もあったようで、
かなり迷ってくださった方もいました。
今回、残念ながら・・・という方も、ぜひご意見お待ちしていますね。

参加いただいた皆様、楽しい時間をありがとうございました






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
ココアさん・いちごぷりんさんも参加してくださいました。ありがとう〜
今回参加の方々に、ブログの応援いただきました。
ポチっと応援も頼んできました(笑)

今回は、協会の先生方のご厚意で、会員の有無にかかわらず参加OKでした。
会員手続きがまだの方に理由を聞くと、手続きがわからなかったと(汗)
プッシュしておきました。事務局長よろしくお願いしま〜す(笑)


 カテゴリ
 タグ
None

ぷらす・エール(西日本地区)懇親会のお知らせ

今日、関西地方は久ぶりの晴天でした
金曜日くらいから台風の接近で天気が怪しかったので、5日ぶりくらいの晴れです。
息子も土曜日は台風の影響で学校は警報が出てお休み。
今までは、息子自身は何も考えず、私がやきもきしながら確認するということを繰り返していました。
今年はそういう意味では楽でした〜

『風の警報が出たら休みだって』←暴風警報という言葉を知らない
当日の朝、息子にどうなったのか聞くと?
『友達にメールしてみるわ』
と頼もしい言葉が帰ってきました。
親が先回りして心配しなければ、自分でなんとかするものですね


さて、本題です
『ぷらす・エール』という名前をご存知でしょうか。
家庭教育推進協会の親の会の名称です。
この協会には、私がお世話になっている藤本先生も理事として参加されています。
このブログでも、何回か協会主催のセミナーの様子をご紹介しています。
協会は、全国規模ですので、西日本・東日本とぷらす・エールの支部がわかれています。
私も何かお手伝いをということで、西日本地区の副支部長をさせてもらっています。
今年1月に新年会がありましたが欠席
あまり役にたたない私です

あるところから(笑)、『みんなで集まりたい〜』という希望があがったので、急なのですが、懇親会をかねたランチを企画しました。
FHEだけの親の会ではありませんので、他の機関の方も、支援を受けていない方も、気軽に皆さんでお話しをできるといいなと思います。

新学期が始まって、ハラハラ・ドキドキの方も、もう大丈夫と言う方も、親の気持ちのリフレッシュしませんか?

        

日時 2011年9月18日 (日曜日)
   13時集合

場所  大阪難波周辺  

        

ランチからスタートしたいと思います(笑)
お店は、支部長のふーみんさんがただいまチョイス中です

ぷらす・エール会員の方へは、メールでお知らせを送っていますが、届いていないと言う方は、このブログのメッセージ欄(PC画面の左横の上の方にあります)でアドレスを記入して送ってください。

申し込みの締め切りは11日とさせてもらいました。
もちろんその後からでも、OKです。
詳細は、3日前までには再度参加の方へメールでお知らせします。
お店がサプライズ(決まっていない?)でも、ご愛嬌ということでよろしくお願いします(笑)

現在11名の方が参加予定です。
最初にお返事をくれた方は、送信8分後にお返事が!
なんだか感激でした

今回、皆さんにお知らせするのに、初めて一斉送信という機能を使いました。
なるほど〜と言う感じです。又一つ勉強になりました。
案内文の不備は、目をつぶってくださいね。

楽しいひと時となりますように









にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
 カテゴリ
 タグ
None

思春期の親の役割〜セミナーに参加して

6月12日、第7回家庭教育セミナー(大阪)がありました。
FHEの藤本先生が講師です。(主催は家庭教育推進協会です)
『思春期の親のポジショニングとは〜思春期の問題行動への対応法〜』
同じセミナーを東京でもされるということですので、詳しい内容はひかえておきますね。

私達は、「思春期」という言葉をよく使いますが、実際にはいつから始まって、いつ終わるのかは難しいです。
1口に思春期といっても、中学生と高校生では違います。
我が家のように高校生と大学生でも違います。
そのあたりの段階に応じた親の対応を教えていただきました。
細かく分けていただいたので、よりわが子に即した状況が容易に想像できます。

今回の診断は、「親役割」。
前回は、エゴグラムとOKグラムでした。
今回のものもなかなか興味深かったです。
ちなみに私は息子と娘で対応がかなり違う部分があって、ちょっと混ざってしまったかもしれません。
まだまだ干渉が多い様子
もう子供の年齢が高くなってきていますので、早く自立してほしいという気持ちが強いことも現れていました
今後の課題は、子供を信じてそれを伸ばしてあげることかなという感じでした。
ケーススタディ・欲求不満(ストレス)耐性の高め方といったとっておきのお話もありました

今回のセミナーは、講師の藤本先生の他にエンカレッジの上野先生・ペアレンツキャンプの水野先生・訪問の佐藤先生・事務局長の西原先生と5人の先生方が来てくださいました
どの先生も、それぞれのクライアントさんからお忙しい様子を伺っていたので、お元気そうなお顔が拝見できただけでも、セミナーに参加させてもらった甲斐がありました。
3時間という長丁場でしたが、先生の軽快な語り口でお話いただきました。
漠然とわかっていたけど、なかなか説明できない。そうかうちの息子のこんな行動は、こういうことだったのかとすべてを聞き終わって納得でした。

セミナーには、ご夫婦での参加の方もおられ、回を重ねるごとに盛況になっていくようです。


セミナー終了後、協会の親の会であるぷらす・エールで、2次会をしました。
FHE・エンカレッジ・ペアレンツキャンプ・協会に相談されている方・支援検討中の方といろいろな方が参加してくださいました。
参加者20名と先生方5名の参加。たくさんの方が参加してくださいました。

お店ではふーみんさんとちーこさんが、頑張って仕切ってくださいました。
私は、会が始まるまでの参加確認をさせてただきました。
きのこさんも会計のお手伝いありがとうございました。

先生方5人という贅沢な状況でした
居酒屋でしたので、テーブル3つにわかれそれぞれに先生方が入っていただいて、
飲み放題・食べ放題・話し放題でした〜(笑)

最初、上野先生がお近くにおられたので、いろいろとお話を聞かせていただきました。
前日の東京での親睦会のこともチラリと。

水野先生も、久しぶりにお話できました。
オールバックの素敵な先生に会えるかと思っていたら、今回は普段の気さくな先生でした(笑)

あっ、残念なことが。訪問の佐藤先生と藤本先生にお話を聞く暇がなかった〜
先生方は、1時間ほどで戻られました。

その後、時間の許す限りみなさんとお話しさせてもらい、たくさん元気をもらいました
皆さん、息子の頑張りを褒めてくださり、なんだかうれしいような、照れくさいような・・・
ありがとうございました。
最後は、喫茶店でお茶をして解散でした。
もっと、たくさんの方とお話ししたいけど、時間がない
セミナー・2次会でお会いできた皆様、どうもありがとうございました。
次の機会も、よろしくお願いしますね


同じセミナーを来月、東京でされるということです。
関東にお住まいの方は、ぜひ参加を検討してくださいね。
大阪でも、秋には次のセミナーを予定していると伺って、今から楽しみです。


ブログでコメントいただいている方では、ふーみんさん・ちーこさん・きのこさん・みなみさん・ココアさん・たけ☆ふみさん・サブリナさん・みにーさんがこられていました。
皆様、お疲れ様〜


今回、このブログを見て、勇気をもらいましたと言っていただいた方がいました。
ブログがご縁で支援前からお話させていただいた登校刺激前の方も参加してくださいました。
ネットの世界は、何か真実かわからなくなる時があります。
こうしてブログで発信しても、疑いの目で見る方もいます。
そんな中、ブログを応援してくださる方がいるとお聞きするだけで、とても嬉しく思います。とても感激でした
道を探されている方に、少しでも参考に考える材料となればと願ってやみません








にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。


 カテゴリ
 タグ
None

セミナーと二次会のお知らせ

わが家が、お世話になっているファーストホームエデュケーション(FHE)の藤本先生のセミナーがあります。
もう皆さんご存知ですね。
(家庭教育推進協会主催です。)

『思春期のポジショニングとは〜思春期の問題行動への対応法〜』

協会主催のセミナーは、関東・関西でそれぞれ3回実施されています。
今回は、大阪で4回目です。(6月12日)

どの回も、たくさんの気づきをもらいました
今日、事務局の先生に伺ったところ、人数枠は埋まっていますが、補助枠で若干名可能ということでした。
迷っている方は、ぜひ

当日、うるさい大阪のおばちゃんがいたら、それは私です
ぜひ声をかけてくださいね。

そして、セミナーの後、2次会の計画をしています。
支援機関の枠を飛び越え、
支援を受けている受けていないも関係なく、
お時間の許す方は、ぜひ2次会にも参加してください

まだ、場所の確定はしていませんが、セミナー終了後、
セミナー会場の近辺で行います。
遠方の方も、大丈夫ですよ〜

協会から、お誘いのメールが行くと思います
もちろん、私も行きます
今日、一部の方に都合を伺ったところ10名ほど確定でした。

当日、たくさんの方のお話が聞けることが楽しみです








にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。
ペアレンツの水野先生もセミナ−に来られるようです。
ブログで書いておられましたよ


 カテゴリ
 タグ
None

「ぷらす・エール」到着

今日、家庭教育推進協会の会報「ぷらす・エール」が届きました。

今年の1月にあった、協会の新年会には残念ながら参加できませんでした。(入院中だったから)
そんな経緯もあって、協会のHPのお知らせで会報のことを目にし、待ってました〜という感じです

上野先生のご挨拶があり、

我が家もお世話になった、訪問のS先生の紹介があり、先生のプロとしての素晴らしさは実感している我が家ですので、そうそう〜とうなずきながら読みました。

「世界の名言から考える家庭教育」という連載があるのですが、
親の背中を見て子は育つという感じでしょうか。
かってに、我が家の事情を思い描いてしまいました。
(片づけられない子供達は、やっぱり親の行動の結果なのか?)

ぶにん先生の裏話も、ブログと同じような軽快な文章でした。先生の御本が出たばかりという状況なので、宣伝も・・・(笑)

個人的に楽しみにしていた、ぷらす・エール東日本・西日本支部長のご挨拶。
お二人とも、忙しい中で記事を書かれたことを思うと拍手です。

今年度のセミナーのお知らせがあり、今から楽しみです。
その前に、更新手続きに行ってきますね

あまり、詳しく書いてしまうといけませんよね。
興味のある方は、家庭教育推進協会のHPを覗いてみてくださいね。
会員登録をすると、届きますよ〜






にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へにほんブログ村

ここをクリックしていただくと、読んでいただいたことがわかりとってもうれしくなります。


 カテゴリ
 タグ
None

自己肯定感〜(家庭教育推進協会セミナー)

家庭教育推進協会の第4回セミナーに参加させていただきました
今回は、私がお世話になっているFHEの藤本先生の講義です。
 『思春期の子に必要なもの〜自己肯定感を家庭で養おう〜』
前回のセミナー(家庭教育のお勉強)との2回連続セミナーです。
今回は、前回より人数が多く大盛況でした。

大阪は朝から大荒れのお天気で、朝には竜巻注意報というはじめて聞くような注意報が出ていました
そんな中、皆さん全員出席で
滋賀や広島からもこられていて、交通機関が大変だったと思います

今回は、専門用語もたくさん出てきて、難しく感じたのですが、先生の大阪弁での実例を伺うとすんなり理解できるのは、不思議でした。
自己肯定感というお話をOKグラムという手法をもちいてのお話でした
「どうせ俺なんか死んだらいいねん」
「俺なんかおらんほうがいいんや」
うちの息子もよく言っていました。そういわれると親の私達は、黙るしか方法を知りませんでした
今回のお話をもっと早くに知っておきたかったくらいです。
自己肯定感の低い子供に、どうすればいいのか
親の態度や表情・言葉といったあらゆる感覚がつながっているのだと再確認です。

今回は水野先生と訪問のどんきー先生がお手伝いにこられていました。
もちろん水野先生とお話をさせてもらいました。相手をしてくださりながら時間もきっちりと確認している先生でした
どんきー先生とは、前回の関西セミナーで初めてお目にかかりました。
担当のクライアントさんお一人ずつにご挨拶されている姿が、先生の性格を表しているようですね。
実は、なんとなくうちの息子と雰囲気が似ているとかってなことを考えていたので(迷惑)、今回はしっかりとご挨拶させていただきました。


セミナー後の2次会も、もちろん開催です。
最初、最低3名の確認がとれた時点で決行としたのですが、当日会場でも声をかけさせていただき11名の参加となりました。
今回は、支援を卒業されている方・支援依頼直後の方・登校直前の方・支援前の方といろいろな立場の方とお話をすることができました。
このブログも見ていてくださったということで、何かのお役にたったのならこんなにうれしいことはありません
もしかして、このブログはダミーかもと言われたときは、ぶっとびました
(先生は、そこまでマメではない・・・
支援前の方には、どこにお願いするにしても、早い方がいいということをみなで声を揃えて言ってしまいました。
継続登校のステージの方は、みなさんいろいろな課題をかかえて、日々がんばっている方ばかりです
今回のセミナーに参加された方で、2次会はどうしても無理という方もおられました。
ぜひ、次の機会はお話できるとうれしいですね。

支援を受けている中で、わが子への対応を教えていただきます。
そして、今回のような勉強の機会があると、あれは、こういうことだったのかとより深く身につくようです。
ぜひ、これからもこのような機会を作っていただきたいと思います。
その時は、絶対行きますよ〜




同じセミナーが東京でも開催されると伺っています。
参加予定の方は、ぜひ2回連続で参加がおすすめですよ〜


同じくセミナーに参加されたふーみんさんが、ブログで記事にされています。
そちらも、のぞいてみてくださいね
「第四回 家庭教育セミナー」に参加しました
 カテゴリ
 タグ
None

上野先生の講演会ー(家庭教育推進協会)

18日に、家庭教育推進協会主催の講演会に参加させていただきました。
今回は、エンカレッジの代表カウンセラーの上野先生の講演でした。
少し早めについたので、ほぼ一番乗り〜でしたよ。
上野先生はもちろん、事務局長の西原先生と協会のスタッフの方が準備中のところへ押しかけた私たちでした。
一人、女性の方がおられ、スタッフの方かと・・・
なんと司会役の方でエンカレッジの卒業生の方でした

35名前後の方がこられていて、ほぼ満席状態でした。
今までのセミナーとちがって、男性の方も数名・そして年配の方も多くこられていました。
上野先生のお人柄のたまものでしょうか

講演内容を詳しくお伝えしたいところなのですが、なんと同じ講演を東京でも開催予定とのことで、内容は、東京での講演会に参加される方におまかせしますね。

お話の中で、家族療法の詳しい説明もありました。
子どもが、学校へ行きたくないと言った時、子供ではなく家族のシステムがうまくいっていないからそのひずみが子供に出たという考え方です。
子供をなんとかするよりも家庭のシステムがうまく機能すれば解決していくだろうと考えます。

上野先生のエンカレッジをはじめるにいたった想いや、きっかけのお話。
先生ご自身の中学生時代の体験談。
どれも、引き込まれるようなお話でした。
人は変われるんだという実例ですね

つい、年齢を重ねるともう何をしたって変われないと考えてしまいがちです。
しかし、自分の努力次第で変わることができる
変われることを知ることで、すべてが良い方へ回りだすきっかけになります。
私自身も、人生40年以上生きてきて、なかなか性格や考え方は変われないと思っていました。
けれども、子供の不登校はそれを覆すほどの力をもっていました。
人は変わることができる。
家庭教育に手遅れはないということですね

子育てにおける、マイナスの連鎖をプラスに変えるそのちょっとしたきっかけ。
この講演会がそのきっかけとなった方もおられるだろうと思います。


さて、今回名古屋での講演会ということで大阪からお邪魔しました。
この日は、連休の初日ということもあって新大阪駅は、ラッシュアワーなみの大混雑でした。
ちーこさんとご一緒させてもらい名古屋でFHEの卒業生のcharさんとぶんちゃんが迎えにきてくださいました
お上りさん状態の私たちですので、とても助かりました。

名古屋駅から地下鉄で移動したのですが、名古屋の地下鉄はいつも混んでいるのでしょうか?
なんだか、大阪の地下鉄より混んでいるような・・・
斜めに並んでいるのがなんだか、不思議です。

講演会のあと、せっかくならいろんな方とお話をしたいですよね。
ただ、今回は先生方も忙しくお話しがまとまらなかったようです。
当日会場で相談の結果、なぜか西原先生にそれが懇親会とてして認知されてしまい、会のあとお知らせをふられてしまいました
突然、お知らせしても、なかなかみなさん難しいようで・・・
それでも、その場でエンカレッジの方が3人快諾してくださり、2次会決行です
もちろん今回も、上野先生をご迷惑顧みずお誘いしましたが、残念ながら難しかったようで・・・
西原先生は、すぐに大阪へ移動とのことで今回は、有志のみ8名でお話ししてきました。
名古屋の名物をたくさんいただき、お腹も頭も気持ちも大満足の1日でした
名古屋の皆様、ありがとうございました

行きたいと思える目的があり、同行する仲間がいて、歓迎してくれる仲間がいる。
そして、送り出してくれる家族。
この出会いに感謝です

 カテゴリ
 タグ
None

家庭教育のお勉強

8月22日、家庭教育推進協会の第三回セミナーに参加させていただきました。
今回は、藤本先生の講義形式。

思春期の子供への対応をもとにしたお話は、とても参考になりました。
お話のあちこちに、
これは、あの時に教えてもらったこことだ〜
うちの息子には、こんなふうに話すようにと聞いたのは、このことだったのかぁ。
うちの場合なら、こういえばよかったのかな?
といろいろ気づかせてもらいました。

今回のお話は、命令・提案・家庭内のルールについて、実例を交えてお話いただきました。
もちろん、関西弁での実例は、参加者皆納得でした。

そして、後半はエゴグラムを実際につけてみての、お話。
自分はどんなタイプなのか、なかなか興味深い結果でした。
そして、その結果に対してどう考えればよいのか。
3時間があっというまのセミナーでした。

支援を受ける中で、娘には何度か親が話をする機会がありました。
もちろん、家族で真剣な話をするシステムができていなかった我が家です。。
支援をしてもらい、先生方が最初は実際にやってみせてくださいました
息子には、最初は訪問の先生が親とは違う立場で、お手本をみせてくださいました。
毎日いろいろと起こってくる問題に、我が家仕様の適格なアドバイスをいただきます(現在進行形
その一つ一つが、今回のお話とつながるようで、とても勉強させてもらいました。

特に今大学生になった娘へは、親が対応せざるを得ない状況があり、
先生からの、『話をしてみてください』の言葉がでると、
やらないわけには、いきませんよね

思春期の子供たちに、話をすることをさけてきたのかもしれません。
それを、先生に教えてもらってやってみた。
もちろん、先生方のようにはうまくいきません。
それでも、親ですから、逃げるわけにはいきません。
先生にあきれられながら、いろいろ子供に話をする訓練を親が教えていただきました。
その経験が、今大学生になった娘の土台になっています。
子供に真剣に向き合う努力が一番大事だと感じています。


今回は、大阪の方だけでなく、名古屋の方もこられていました。
そして、私がいつもブログでお世話になっているふらわぁさんが来てくださいました
参加者も、FHE・エンカレッジ・ペアレンツキャンプの方いろいろです。
支援卒業後何年もたっているかたもいれば、支援真っ最中の方、登校前の方もおられ、
藤本先生のお話はもちろんですが、お母さん方のお話も聞きたかったです〜
無理やりお話をさせてもらった皆様、ありがとうございました

ペアレンツキャンプの水野先生もお手伝いにこられていました。
先生方お忙しい中、しっかりお話をきかせてもらいました。
忙しい毎日のご様子でしたが、ブログ見てますよ〜と気さくに言ってくださり感激です
水野先生には、最後に無理やり2次会にお誘いしたのであきれられたかもです


2次会は、全員参加とはいかず先に帰られた方は、ぜひメッセージをとおねだりしちゃいます(笑)
藤本先生と西原先生があとから参加してくださり、楽しくセミナーの感想をのべていたら、
藤本先生からの突っ込みをもらったり(かってに判断していたようで・・・)

今回のセミナーは2回連続講演で、2回目は10月と聞いていたのが、9月に変更となり、ちょっとびっくり。
さらにびっくりが、同じ内容の藤本先生のセミナーが東京開催も予定中とのことでした。

私個人は、ちーこさんに誘っていただいて、名古屋も決定
名古屋の皆様、よろしくお願いしますね




 カテゴリ
 タグ
None

家庭教育推進協会関西セミナー

家庭教育推進協会の関西セミナーに参加させていただきました。
実は、関東セミナーにも参加させていただきました。先生方、ありがとうございました。

で、両方のセミナーに参加した身として、セミナーの進化の様子を
もちろん、先生方の講演の内容は、同じ趣旨のものでした。
それでも、随所に先生方や協会スタッフの方々のご努力がありました。

受付は、スムーズにいったと思いますが(ふーみんさんと私でお手伝い)、スタッフの方は頼りない受付の私達に一抹の不安を覚えておられたかも?
参加者名簿・名前入りの領収書と準備万端という感じでした
おかげで、受付の私達は、2次会の(強引な)お誘いに熱を入れてしまいました
前回の東京では、受付で先生方の御本の販売をしたために時間がかかり、部屋への入場に手間どってしまいました。
今回は、中で休憩時間での販売とされたようです。

東京では、理事の先生方のお席が前だったのですが、今回は後ろから先生方にしっかりと見られていたような感じでした。(東京では私達が先生を見ていた?)
最初に理事の先生方や訪問の先生方のご紹介も今回導入されていて、(素敵な)お顔を拝見させていただきました

先生方の講演内容は、又先生がご紹介されると思います。ここでは、感想だけ。
水野先生のお話は、内容的はさらにわかりやすくなっていたように感じました。
水野先生ご自身も、少しだけ変えようかなと言っておられたので、内容ではなく聞き手のことを考えた切り口にしていただいたのかと・・・?

藤本先生は、実は東京では気さくな先生のお人柄のでる話しぶりでした。
今回はちょっと控えめにされたようで、その分講演内容に力をいれられたようでした。

上野先生の不登校の変遷に関して、前回のポイントの確認でご質問をふられてしまいました
あれだけ一生懸命聞いていたのに、二つのうち一つがでてこなかったのがくやしいですね〜。(上野先生すみません)
上野先生の不登校に対する考え方・子供達に本当の笑顔をと取り組まれている様子が印象的でした。

どの先生のお話も、大変ためになるもので、もっと聞きたいと思ってしまうほどでした。


休憩をはさんで、グループセッションが行われました。
東京では、班わけに手間取ったのですが、今回は始まるともう前に班分けがきっちりと書かれてありスムーズな移動となりました。
この時の同じ班に、なんと偶然メリーベルさんがおられ頭の回転の速さに、『なるほど〜こうしてあの記事ができていくんだなぁ』と妙に納得した次第です。
どの班も、まるで事前の打ち合わせをしていたような仕上がりで、みなさんすばらしかったです
東京でも、大阪でもこのグループセッションがありましたが、どのグループも活発な意見交換!
いろいろな勉強をし実践された方々ということがうなずける様子でした。
確かにこのみなさんの知識を埋もれさせるのはもったいない!
先生方には、有効活用を考えていただきたいですね


今回の大阪では、時間が少し短いこともあって、セミナー終了後の雑談があまりできず、少し残念でした。
個人的な話ですが、ネットの掲示板で偶然お見かけし、支援を迷っておられた時期にお話した方がおられます。
その方が、支援を受け、復学をはたされセミナーに参加されていました。
お互い初対面でしたが、私もなんだかうれしくて
私には、「その機関であれば大丈夫ですよ。」「素晴らしい先生ですよ」と言うことしかできません。
それでも、復学への道への後押しになったのであれば、こんなにうれしいことはありません。

上野先生のお話にもあったのですが、今までは、わが子の様子しかわからなかったのが、ネットの普及によって色々な情報が入り、良い面と悪い面がはっきりしてきたようです。
自分の近所に同じ不登校の家庭がいなくてもネットでのつながりで孤独感が薄らぎます
その反面、今の自分の対応がよくわからなくても、ネットで大丈夫といってもらうと、なんの根拠がなくてもあの人のところもだからと変に安心してしまうこともあります
不登校を経験した者として、もっとこんな方法があるのにと思っても伝えるすべがなく、文章だけで伝える難しさも感じます
本当に子供の学校へ行きたいを実現するために日夜走り回っておられる先生方は特に、はがゆい思いをもたれているのかもしれません。
私にできることは、我が家の経験を残すこと・復学支援は大丈夫(怪しくないですよ)と発信する事でしょうか。
ネットの波の中にうもれないように、このブログもがんばらないといけませんね。


2次会は、セミナー会場のすぐそばの居酒屋でした。
今回はFHEの親の会もかねていたので、幹事役をふーみんさん・ちーこさんとともにさせていただきました。
実は、関東セミナーの2次会の幹事さん達のあまりの鮮やかな采配ぶりに、こっそりノウハウをお聞きした私です。
それでも『なんとかなるさ〜』の関西人なので、参加いただいた皆さんにも助けていただき、なんとかなりました(笑)
細かな準備の様子を教えていただいた東京の幹事さん、ありがとうございました。

2次会には、FHEの藤本先生と訪問のN先生・S先生がお顔をみせて下さいました。
なんと、藤本先生は翌日関東で登校フォローの予定が入っているということで、関東へ移動される時間までの貴重なお時間で参加していただきました。本当にありがとうございました。
今回講演では、先生のコメント要請はなかったのですが(笑)、2次会の帰りぎわには、きっちり「コメントを」と言い置いて帰られました

2次会は、エンカレッジ・ペアレンツキャンプ・FHEの機関の方が参加していただけ、又、いっそうの親の輪が広がったように思います。
家庭ノートの添削はやっぱりペアレンツキャンプさんにはかなわないかも〜
うちはメールの方が多いかも・・
いや、うちは電話が多いかな
と、各機関の特色もちらっと伺いました。次の機会にはもっといろいろ聞きたいです。

2次会に参加していただいた皆様、楽しくすごすことができたでしょうか?
同じ経験をしたもの同士、親の輪が広がればこんなにうれしいことはありません。
これからも、皆様どうぞよろしくお願いします





同じく、参加された先生や親御さん方の記事のご紹介をしておきます。

藤本先生  「伸びる子」育て

ぶにん先生 ぶにん先生のカウンセリングルーム

ふーみんさん 不登校気味だったけれど・・・克服

メリーベルさん 明日も笑顔でいられるように
 カテゴリ
 タグ
None

『家庭教育推進協会関東セミナー』と皆さんとの嬉しい出会い

4月25日に、家庭教育推進協会 のセミナーがあり、参加させていただいきました。

今回のセミナーの開催は東京。普段なら、参加は難しいところです。
しかし、このお話を聞いた時、思ったのは、このセミナーと同時にブログのオフ会ができないか?ということでした。
普段、このブログを通して、お話しさせていただいている方々は、エンカレッジ・ペアレンツキャンプ・FHEで支援を受けた方もたくさんおられます。
そして、なぜか関東方面の方が多い。オフ会をするならば、私が東京に行くのがベストかもと思っていました。
セミナーだけであれば、大阪での開催もあるということでしたが、オフ会をかねて、東京のセミナーに参加したいと藤本先生に打診すると、ちょっとあきれられましたけどね

最初、セミナーの後は、先生方はトンボ帰りになるだろうと伺っていました。
そこで、ブログを通してお話しさせていただいている方々に『親主催での3機関合同の2次会をしない?』と聞いたところ心よく賛成していただきました。

なにぶん、私にとっては不慣れな土地なので、今回は関東で親の会をよく開いておられるみかんさんがkyunさん・マロンさんと会場のセッティングをしてくださいました
エンカレッジのティカさん・ふらわぁさんにもお声をかけさせてもらい、参加OKのお返事。
この時点で、最低限の人数でのオフ会兼セミナー2次会が決定です。
そこから、連絡のとれるいろんな方に打診を。
それでも、実際にお会いしたことのないメンバーですので、セミナーでお会いしても、お顔もわからない状況です。
そこで、もう一つ企画しました。
セミナーの前のランチで、まずオフ会の顔合わせをしようということになりました。
連絡手段のない方にも、セミナーで2次会の開催を先生方から、お知らせしたもらうことで、他の方にお会いできる。
もちろんセミナーも楽しみで、この日が待ち遠しかったです

ーーーーーーーー
セミナーの内容に関しては、簡単に・・・
スケジュール通りの進行で、事前の打ち合わせが大変だっただろうと思います。
なんだか、進行役の西原先生が一番緊張されているように見えたのが・・・

トップバッターの水野先生の、つかみはOKと言う感じです
各先生方30分という短い時間であるにもかかわらず、私たち聴衆の緊張をほぐしてくださる話術はさすがですね〜。
笑いあり、うなづきあり、拍手ありといった感じでしょうか。
水野先生は、予防的な家庭教育の必要性を考えるに至った経過と、今後の展望を
2番手の藤本先生は、思春期の子の対応を身近な例を引用して説明くださいました。
3番手の上野先生は、不登校の変遷と小学生・中学生の問題の違いと対応の違いを説明くださいました。
休憩をはさんで、グループセッション。
これも、水野先生の指揮のもと遅延なく進み、さすがと言う感じです。
話し合ったことを最後にグループごとに発表となりました。
もっと聞きたいと思える発表ばかりで、みなさんの勉強の成果ですね。
きっと参加された方すべてが、前で発表してくださいと言われても困らないだけの経験と想いをもった方ばかりだと。

最後に協会の会員募集の説明をされました。
まだ、最初で何も還元できないかもしれないことを気にされてのお話だったのですが、
私個人的には、これからの発展の確信にみちたお話をされても、間違いではないと思います
もちろん、協力させてもらいますので、還元も期待していますよ〜

閉会の言葉として、代表理事の上野先生から、
『協会の発展が未来の子供達を一人でも多く救えるよう一緒に協会を盛り上げていってほしい』ときかせていただき、参加者みなの気持ちを代弁していただいたようでした。


セミナーのあと、30分程の時間をおいての2次会への移動となりました。
この時間でいろいろな方があちこちでお話されていました。
実は、私も先生方をつかまえてブログの記事(復学支援を知っていますか?)の感想をいただきました。(無理矢理だったかも
あの記事は、3月の親の会での藤本先生の協会設立に至った想いを聞かせていただいたことが、発端でした。
そして、ネットの世界でのいろいろも・・・
もちろん藤本先生には、もし先生に何かご迷惑があるといけないと事前に相談していました。でも、藤本先生は、『何かあっても、それも引き受けてあげるから』と言ってくださり、感激でした
水野先生も、事前に読んでくださっていました。あの記事を書くに至った経緯にも共感いただき、協会のセミナーの前にあれをぶつけてくるのは、さすがですよ〜と。なんだか、パワーをいただきました。
そして、上野先生からも、読んでますよと言ってくださり、ああいう力のある記事はいいですねと。
先生方のこの言葉をいただけただけで、ブログを続けてきた甲斐があったというものです。


ーーーーーーーーー
まず、ランチの報告を。
セミナー会場の近くで集合です。時間にその場所に行くと、みなさんもう来られていて、なんだか初対面とは思えない方ばかりです。
みんな本名よりハンドルネーム(HN)の方が、ピンとくるのがちょっと普通とは違うということでしょうか。
もちろん私は大阪弁ですので、すぐにバレちゃいましたかね〜。
東京まで押しかけた私を、皆さん歓迎してくださり、なんだか感激でした
来る途中にお見かけした、素敵な方がかのんさんだったとは・・・(迷っておられたようです

ペアレンツキャンプのみかんさん・kyunさん・マロンさん・かのんさん・JUMPさん・そらさん・こねこさん、
エンカレッジのティカさん・ふらわぁさん、
FHEのりんごさん・ちーこさん・そして私ちゃろの12名でのオフ会が実現しました。

みなさん、メモをとりつつの自己紹介で、すぐにもっと話したい気分満開でした。
セミナーにかこつけて、私の今年の目標のオフ会が実現したことで、とても楽しい時間を共有させていただきました。
協力いただいた皆様、ありがとうございました




ーーーーーー
2次会は、最初先生方は無理だと伺っていたのですが、水野先生が少しならと参加下さいました。
もちろん、アルコール付きですので、盛り上がりましたよ〜
20名足らずの参加だったかと。
居酒屋の座敷で、つきることなく話に花が咲きました。
ここで、ciquciquさん・アロエさんとお会いしましたよ。
水野先生は、2時間程お付き合いくださいました。
その後も延長し最終3時間半ほどの会となりました。

今回は、kyunさん・マロンさん・JUMPさんが、幹事役を勤めてくださり、滞りなく終了となりました。本当にありがとうございました


なんだか、とても盛りだくさんな一日で、まとまらない文章となってしまいすみません
同じく、参加された先生や親御さん方の記事を読んで想像していただければと思います。

藤本先生  「伸びる子」育て

ぶにん先生 ぶにん先生のカウンセリングルーム

ティカさん 一歩ずつ前へ

みかんさん 関東ペアレンツキャンプ親の会〜管理人みかんの徒然日記

アロエさん Peaceful Day
 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。