不登校から自立へ~復学支援の記録

中学生で不登校になった息子のその後です。不登校になった子も大丈夫!

復学支援のブログへようこそ

このブログは、「不登校の後、継続登校挑戦中!」のその後です。
中学で1年間の不登校の後、復学支援機関(FHE)の支援を受けて復学することができました。

記事一覧

No Image

2016-10-05Weblog
久しぶりの更新になりました。我が家のもと不登校息子は、ただいま元気で働いております。現在の職場は、2年目に入りました。でも、パート待遇のままという微妙な感じですが、本人はそれほど気にしていないようです。どんな仕事でも、お金がもらえて、自分の居場所があるということがうれしいですね。息子も経験を積んで、このままじゃあ嫌だと思えば、また違う道をさがすかもしれません。(この息子なので、ずっとそのままという...

記事を読む

No Image

2016-08-23家庭教育推進協会
家庭教育推進協会という団体をご存じでしょうか。FHE・エンカレッジ・ペアレンツキャンプの先生方が集まって作られました。ちょうど立ち上げの時期に支援を受けていたので、感慨深いものがあります。詳しくはコチラ→家庭教育推進協会ホームページ協会主催でセミナーがありました。第13回家庭教育セミナー『ネット依存を理解しよう』平成28年8月20日(土)13時半~15時半大阪社会福祉会館訪問カウンセラーのS先生とA先生が実例を交...

記事を読む

2016-07-31FHE親の会
 我が家がお世話になった復学支援機関FHEの親の会のお知らせです。毎年、夏休み中に開催しています。夏休みの後半にすることが多いのですが、今年はちょっと早めにしてみました。こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。...

記事を読む

2016-07-06Weblog
 7月に入り、一気に暑くなりました。息子は、暑い~暑い~といいながら、毎日自転車にのって、仕事場へむかいます。高校から自転車通学だった息子は、あまりの体重の重さに自転車が耐えきれず、パンクさせることも数知れず。高校を卒業してから、自転車がパンクして買い換えるまでの間だけという約束で母の電動自転車を貸しました。今では、すっかり息子のマイ自転車となっています。さて、今日は、新しいブログのご紹介をさせて...

記事を読む

2016-06-14Weblog
だんだんと暑い日が多くなってきました。暑がりの息子は、顔を赤くしてすごしています。アトピーもあるので、見た目はちょっと気になるのですが、本人はそのあたりは気にならないようです。仕事から帰ってきて、不機嫌な日もあります。そんな息子の様子をみると、ついムクムクと以前の心配症が頭をもたげてきます。仕事場で何かあったん?誰かに何か言われたん?不機嫌な顔をしてたらあかんよ。早く寝て、余裕を持って朝家を出るよ...

記事を読む

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 カテゴリ
 タグ
None

派手なことは何もないけど、地道にコツコツも大事だよね

  •  投稿日:2016-10-05
  •  カテゴリ:Weblog
久しぶりの更新になりました。
我が家のもと不登校息子は、ただいま元気で働いております。

現在の職場は、2年目に入りました。
でも、パート待遇のままという微妙な感じですが、本人はそれほど気にしていないようです。どんな仕事でも、お金がもらえて、自分の居場所があるということがうれしいですね。

息子も経験を積んで、このままじゃあ嫌だと思えば、また違う道をさがすかもしれません。(この息子なので、ずっとそのままということもありそうですが・・・)

休みの日は、ゲーム三昧の息子です。ちょっと業務スーパーへから揚げを買いにいったり程度。
先日の日曜日に我が家の大掃除をし、あまりにもペットボトルが多いので、息子を読んで手伝ってもらいました。

ペットボトルは、ラベルをはがしてキャップをとって、ゆすいで乾かさないと処分できません。
息子の部屋から45リットルのごみ袋2袋分くらいのペットボトルが出してありました。

ちょっと手伝わせておけば、これから気をつけてペットボトルを出すかなという目論見もありました。
息子、がんばりましたよ~。延々と作業をし、やっと終わりが見えたころに、また部屋から2袋ほど出してきましたが、こうなったら、息子と話しができるチャンスと思って、二人で片づけました。

45リットルの袋に5袋分くらいありました。いったり何本あったのでしょうか。

高校時代は、勉強が嫌いな息子でした。もちろん今も嫌いですが。
中学の不登校時代は、息子とふつうに話をすることがむつかしかったことを思えば、今息子と笑って話ができることが、我が家の不登校の成果です。

中学3年生は、そろそろ進路選択の時期でしょうか。
勉強の嫌いな息子には、とにかく毎日通える高校という選び方をしました。世間ではレベルの低い高校でも、毎日通い続けることで、次の大きな成果につながります。

今、進路に迷われている方は、勉強だけでなくいろんな視点で学校を見ることも大事です。
がんばってくださいね。

セミナー『ネット依存を理解しよう』に参加した感想

家庭教育推進協会という団体をご存じでしょうか。
FHE・エンカレッジ・ペアレンツキャンプの先生方が集まって作られました。ちょうど立ち上げの時期に支援を受けていたので、感慨深いものがあります。
詳しくはコチラ→家庭教育推進協会ホームページ

協会主催でセミナーがありました。
第13回家庭教育セミナー『ネット依存を理解しよう』
平成28年8月20日(土)
13時半~15時半
大阪社会福祉会館

訪問カウンセラーのS先生とA先生が実例を交えてお話しくださいました。
同じセミナーが関東でもこれからあるので、詳しくは書きませんが、渦中の方はぜひ聞いておいて損はない内容でした。

我が家の息子が不登校だったのは、今から8年前。当時はゲームをしているから社会適応ができない、だから不登校になるんだというような意見も飛び交っていた時代です。

でも、経験された方ならわかりますよね。その子によって、ゲームがあるから復学してうまくいく場合もあります。一概には言えないのが不登校ですね。

我が家は、ゲームやネットを切ることができずに、使い続ける状態での対応を教えてもらいました。そんな時に今回のようなセミナーがあれば、もう少し親の気持ちも軽くなったかもしれません。

ゲームをする
ネットをする
課金をする
読書をする

わが子にどれをやってほしいですか?
以外と、親が知らないことは子供にやってほしくないというのが本当のところかもしれません。

子供たちに流行りのゲームを親もやれとはいいませんが、どんなゲームでどんなシステムなのかくらいは、知っておくことも大事だと痛感しています。

セミナーには、U先生とF先生もきてくだり、セミナー後の懇親会にも無理やり参加してもらいました。
先生方4人が参加くださり、懇親会には協会で相談されている方もきてくださり、いろいろお話できたようです。

この時初めてお会いした協会で相談されている方に、どうして協会を選んだのか聞いてみました。
今は、ネットで不登校と検索すると、たくさんの機関がヒットします。
その方のお答えは、『一番営利目的でなく信頼できそうだから』でした。

うんうん、先生方は、利益度外視でやってくださってるんですよ~
絶対怪しくないですよ~
と力説しておきました。

関西のセミナーは終わってしまいましたが、同じ内容で関東であります(8月27日)
コチラのページから→家庭教育推進協会セミナー関東

S先生のハスキーボイスが治っているように応援しておきますね(^^)/

第12回 FHE親の会~関西 お知らせ

 ティータイム

我が家がお世話になった復学支援機関FHEの親の会のお知らせです。
毎年、夏休み中に開催しています。夏休みの後半にすることが多いのですが、今年はちょっと早めにしてみました。

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

» 記事の続きを読む

ブログのご紹介~BBさん

  •  投稿日:2016-07-06
  •  カテゴリ:Weblog
自転車 

7月に入り、一気に暑くなりました。

息子は、暑い~暑い~といいながら、毎日自転車にのって、仕事場へむかいます。高校から自転車通学だった息子は、あまりの体重の重さに自転車が耐えきれず、パンクさせることも数知れず。

高校を卒業してから、自転車がパンクして買い換えるまでの間だけという約束で母の電動自転車を貸しました。今では、すっかり息子のマイ自転車となっています。

さて、今日は、新しいブログのご紹介をさせてください。このブログもうご存じですか?

こちらのランキングには、なるほど!がいっぱい。
にほんブログ村 子育てブログ 不登校・ひきこもり育児へ

» 記事の続きを読む

何もない毎日が嬉しいんです

  •  投稿日:2016-06-14
  •  カテゴリ:Weblog
9157f4aa75d683a3f7db3b18c73b4dda_s.jpg

だんだんと暑い日が多くなってきました。暑がりの息子は、顔を赤くしてすごしています。
アトピーもあるので、見た目はちょっと気になるのですが、本人はそのあたりは気にならないようです。

仕事から帰ってきて、不機嫌な日もあります。
そんな息子の様子をみると、ついムクムクと以前の心配症が頭をもたげてきます。

仕事場で何かあったん?
誰かに何か言われたん?
不機嫌な顔をしてたらあかんよ。
早く寝て、余裕を持って朝家を出るようにするといいよ。

・・・・・・

いかがでしょうか。書いていても、ものすごい過干渉だったことを思いだしました。
息子は、言葉がたくみなタイプではありません。一つ言われたら、言い返すより、黙ってやりすごすタイプです。
それで、損をすることもあると思うのですが、これも息子の性格なんでしょう。

そうかと思えば、相手の言い間違いをしつこく、正そうとしたりということもあり、今は父親とバトルになりそうな時もあります。

家族の食卓は、楽しい会話をするもの

そんな思い込みって、ありませんか?
私は、そう思っていたのですが、現実には我が家は会話はそれほどありません。
こちらが、気を使って話題をふっても、息子からは
『今食べてるから、話せない。見たらわかるやろ』と、けんもほろろです。
別にしゃべりたいわけではないのですが、会話は努力しないと成立しないという我が家なので、息子が食卓にいる時は、何か話したいとおもうのです。でもこれは母だけの想いのようです。

昨日は息子が缶ビールを買ってきました。(自腹で)休みの前の日に時々買ってきます。
『お母さん・お父さんも飲む?』
こう聞いてくれる、気持ちが嬉しいです。350mlしかないんですけどね。

母だけ一緒にちょっぴリお相伴させてもらいました。

こんな毎日が過ごせるのも、家族という形の再構築をした結果だと考えると、人生に無駄なことはないんだなと感じています。
Copyright © 不登校から自立へ~復学支援の記録 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。